秋のニキビは四季すべての悪化要因が?全方向に徹底ケアを!

秋は過ごしやすい気候になり、スポーツや趣味などいろんなことを楽しむのに最適です。肌も調子がいいかと思ったら、秋はニキビの全シーズンの原因が満載!涼しくなったからこそ、ニキビ対策を怠らないようにしましょう。


この記事は約7分で読み終わります。

秋ニキビの原因

秋は季節の変わり目でもありますが、春先と違って突出したニキビの原因がないのも特徴。アクティブに動きたくなる秋だからこそ、ニキビ予防を心がけましょう。

秋ニキビの原因①【寒暖差】

夏が終わり冬に向かう秋は、朝夕は涼しくても日中暑いこともあり、肌にとってストレスの多い時期です。

気温の寒暖差が大きいと、自律神経のバランスが崩れ、よく眠れなかったり疲れがとれにくくなったりします。連鎖してホルモンバランスも乱れてしまい、皮脂が多くなってニキビの原因となってしまいます。

服装で上手に調節して、自律神経を整えてあげましょう。

秋ニキビの原因②【乾燥】

まだ暑い最中の9月にも白い粉をふいたような乾燥を起こすほど、秋口は乾燥しやすいのです。肌がなんとなくかゆい、顔にブツブツと赤い吹き出物ができるというトラブルも起きやすくなります。

夏は湿度が高いのですが、9月になると湿度は徐々に下がっていくため、角質層は乾きやすくバリア機能が低下していきます。

洗顔後に顔が突っ張るなと感じたら、すぐにコスメを夏のさっぱりしたものから保湿力の高いものに変えましょう。

秋ニキビの原因③【紫外線】

紫外線は減ってはきていますが、まだまだ注意しなければならないのが秋の紫外線です。

気候がいいために、屋外でスポーツなどをする機会も増えるため、紫外線対策を何もしなければ日焼けをしてしまいます。

紫外線の中のUVA波は、曇りの日やガラスも通過し、肌の深部の真皮まで届くため、秋といえど紫外線対策はしっかり行ってください。

秋ニキビの原因④【アレルギー】

春ほどではないにしても、秋はアレルギーを起こす花粉や大気汚染物質が多い時期です。

秋に黄砂が観測されることはほとんどありませんが、PM2.5は多い時期となるので、アレルギーのある人は注意しましょう。

アレルギーは、肌を敏感にすることもあり、赤みやかゆみ、湿疹やニキビなどを起こすこともあります。

花粉症やアレルギーではない人も、皮膚に突然症状があらわれることもあります。

春は大丈夫でも、秋にアレルギーを起こすこともあるので、この時期だけ肌荒れを起こすようなら、1度アレルギー検査をしてみてもいいでしょう。

夏の疲れを残さないために

秋は夏の疲れが一気に出る季節です。夏のダメージがニキビとなって現れる前に、できるケアは何でしょうか。

二段階の季節の変わり目

秋は季節の変わり目と言いますが、9月と11月ではかなり気温も湿度も違います。

ニキビはできてから治すより、できないよう予防することが大切ですから、秋は細やかなスキンケアの切り替えが必要になります。

理想をいえば、その日の肌の調子や天候・気温・湿度によってスキンケアを調節したいところですが、とにかく保湿には気をつけてください。

保湿のスペシャルケアとして男性用フェイスパックもありますが、使用時間を守らないとかえって乾燥することがあります。もったいないからと長くパックしないで、使用時間を守ってください。

良質の睡眠をとる

夏の紫外線で受けたダメージが秋に出るのは、ターンオーバーで肌の新陳代謝がうまくいかないからです。

肌の新陳代謝は夜寝ている間に行われるため、睡眠時間が短かったり、よく眠れなかったりすると、夏のダメージが一気に出てしまい、ニキビの原因になります。

睡眠時間の確保が難しくても、睡眠の質を上げることでニキビ予防にもなります。

朝起きたら、カーテンを開けて朝日を浴びましょう。セロトニンが分泌されてスイッチが入り、心も安定します。

セロトニンが分泌されることで、約15時間後にメラトニンが分泌されるようになり、自然に眠くなってよく眠れるようになります。

入浴は就寝の1時間以上前にはすませ、できるだけ湯船に浸かるようにしましょう。お風呂場の照明を暗くするとより効果があります。

そしてベッドに入る1時間以上前にはスマホやPCを使わないようにしましょう。ブルーライトが目から刺激を与え、スムーズに入眠できなくなります。

秋ニキビの対策

大人ニキビは繰り返すという特徴がありますが、秋のニキビにはどういうケアをしたらいいのでしょうか。

秋ニキビの対策①【保湿】

肌の手入れは、季節を問わず保湿が第一です。

夏の疲れが出やすい秋は、気温の変化や湿度の低下に伴ってあっという間に乾燥肌へ傾きます。

女性のコスメなら夏用・冬用があったりしますが、男性は季節によって化粧品を変えるという感覚があまりないかもしれません。

9月になると急に肌がかさつくようになりますので、乾燥を感じる前に夏に使っていたローションを、保湿力の高い化粧品に変えてください。

おすすめは、セラミド、ヒアルロン酸が配合された保湿クリームです。秋から冬にかけては、乳液かクリームタイプが良いでしょう。

秋ニキビの対策②【アレルギー対策】

秋はまだ暑い日もあり、そんな日にスポーツをしたりすると汗をかきます。そこに花粉やPM2.5が付着したりすると、皮脂と混ざって雑菌が増え、ニキビができやすくなってしまいます。

汗はこまめに拭き、肌はいつも清潔に保ちましょう。

帰宅したら洗顔、シャンプーをするのがアレルギー対策にはおすすめです。

とはいえ、洗顔はしすぎると皮脂が過剰に分泌され、ニキビの原因となってしまいますので、洗浄力のおだやかな石鹸を使い、洗いすぎには注意してください。

秋ニキビの対策③【UVケア】

真夏ほどではないにしても、秋にも紫外線は容赦なく降り注いでいます。

サンバーン(皮膚が赤くなる現象)を起こすUVB波は弱くなりますが、UVA波は肌の奥まで届いて、ターンオーバーを乱したり、肌のバリア機能を低下させたりします。

秋になっても日焼け止めは毎日塗り、しっかりUVケアをしてください。

秋ニキビの対策④【食事】

食欲の秋とも言いますが、秋についつい食べ過ぎたり飲みすぎたりする人は多いかもしれません。

食べ物から摂る栄養が、肌の健康を支えていますので、暴飲暴食にならないようバランスよく食べましょう。暴飲暴食は、腸内環境も悪化して繰り返す大人ニキビの原因にもなります。

秋はニキビケアによいビタミン豊富なフルーツがたくさんあるので、積極的に摂ります。ぶどうやりんごは秋が旬なのでおすすめです。

外食が続く場合でも、定食のような白米・みそ汁・魚or肉・サラダといった、主食+数種類のおかずがあるものを選ぶと、栄養バランスのよい食事になります。

秋ニキビの対策⑤【プロに任せる】

秋は特徴のないのが特徴であり、逆にいえばすべての季節の悩みが当てはまるとも言えます。

つまり、ニキビができやすく長引きやすいのが秋ニキビの特徴とも言えるのです。

セルフケアは難しい、自分で生活を改善するのが無理と思うなら、ラ・パルレの「メンズニキビ内外コース」にお任せください。

スイス発のバイオプトロンは、可視光線で肌のターンオーバーを促し、今あるニキビをケアしながらニキビ予防をしていきます。

さらにイオン導入とビタミンC誘導体で外側から美しい肌に導き、お腹トリートメントで胃腸の動きを整えていきます。

一番大切な食事に関しても、ラ・パルレの管理栄養士がアドバイスをしますので、秋ニキビに必要な全方向からのケアが可能です。

まとめ

秋のニキビは、1年を通してのニキビ悩みがすべて集結されているようです。

秋にニキビが治りにくい、長引いてしまうという人は、秋にキビの原因を見落としていないか、今一度見直してみてください。

1度にすべて改善しなくてもいいので、自分でできることから始めてみましょう。

どうしてもセルフケアが難しい場合には、ラ・パルレのプロにお任せください。

メンズエステの先駆者であるラ・パルレでは、男性が安心して通いやすいサロンづくりをしております。

本気でニキビケアを考えているなら、気軽にご相談ください。

目次へ