ニキビケアにベストなタイミングはあるの?朝と夜、どちらが重要?

ニキビケアをしているけれど、本当のところ、スキンケアにいいタイミングってあるの?と思っている人も多いのではないでしょうか?タイミングが違えば、せっかくのニキビケアも効果が半減に。スキンケアに適した時間とはいつでしょうか?


この記事は約10分で読み終わります。

ニキビができる原因とメカニズムを知ろう

ニキビケアの最適なタイミングを知るために、まずはニキビがどうしてできるのかを知りましょう。ニキビができるメカニズムがわかれば、ケアのタイミングも見えてきます。

知らない内に、肌の奥で始まっている毛穴詰まり

ある朝起きたら、鼻の頭や顎にポツンとニキビができていた…、ということがありませんか?ニキビはいつの間にか肌表面にニキビとして現れるのです。

しかし、ニキビはある日突然現れる訳ではなく、肌の奥で気付かないうちに進行しているのです。そのタイミングはいつでしょうか?

ニキビは肌の1番表面にある角質が、本来なら剥がれ落ちるべきタイミングで剥がれ落ちず、毛穴の周りの角質が硬くなってきて起こり始めます。

毛穴周りの角質が硬くなると分厚くなってきて、毛穴に皮脂や剥がれなかった角質が溜まりやすくなります。すると、皮脂をエサにするアクネ菌が繁殖しやすい環境になり、炎症を起こします。これがニキビの始まりです。

ニキビの原因、過剰な皮脂の分泌はなぜ起こる?

中学生高校生など思春期の頃は、身体が大人になるためのホルモンバランスの影響で、皮脂が過剰になりニキビができやすくなりますが、20代以降からの大人ニキビの過剰な皮脂は、複雑に絡み合った原因があります。

まずは生活習慣によるもの。偏った食事や睡眠不足、ストレスなどがホルモンバランスを崩し、過剰な皮脂が分泌されます。

また、皮膚の乾燥も過剰な皮脂分泌の原因となります。なぜなら、皮脂は肌を守るバリアの役割もしているので、乾燥によって皮脂が足りないと判断すると、皮脂をたくさん分泌してしまうのです。

ですから、ニキビを気にしての洗顔のしすぎや保湿不足で肌が乾燥すると、余計に皮脂が分泌されて炎症が起こってしまうのです。

当然ながら、皮脂がたくさん分泌されると、ニキビの原因となります。

アクネ菌が毛穴で繁殖して赤く炎症

アクネ菌がニキビの原因菌であるのはよく知られている話ですが、アクネ菌はいつも肌に存在する常在菌です。

つまり、ニキビがないお肌にもいつも住んでいるという訳。

では、どうしてアクネ菌がニキビの原因となるかというと、アクネ菌には善玉菌と悪玉菌があり、善玉のアクネ菌は肌を弱酸性に保ち、他の病原菌を繁殖を抑えてくれているのです。

しかしながら、悪玉のアクネ菌は皮脂が大好きで、毛穴に潜り込んで増殖してリパーゼ酵素というものを作ってしまいます。

このリパーゼ酵素が分解された脂肪酸が毛穴を刺激し、毛穴が赤く炎症してニキビとなって表面に現れるのです。

肌の常在菌であるアクネ菌は、薬などで取り除くのではなく、毛穴の詰まりや過剰な皮脂の分泌を防ぐことが大切です。それには、適切なタイミングのスキンケアでターンオーバーを正常化し、生活習慣を整えていくことが早道になります。

ただし、背中ニキビの原因菌は、マラセチア菌や黄色ブドウ球菌です。炎症の場所で、薬や治療の方法も違ってくるので、背中には背中のケアをするようにしてください。

ニキビケアのタイミングを知ろう!ターンオーバーに注目!

ニキビができる理由がわかれば、ニキビケアのタイミングが見えてきましたね。大人のニキビは薬に頼っても根本的には解決しません。肌のターンオーバーを整えていくのが、ニキビケアの何よりの条件です。

1日でも早く治す方法は?ターンオーバーとは?

赤いニキビができると、薬をつけて少しでも早いタイミングで治りたいですよね?ニキビはできてから治すより、予防することの方が大切です。予防するために正しいスキンケア方法とのベストなタイミングを見つけましょう。

ニキビケアのポイントは、洗顔と保湿です。

ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのことです。肌の奥で新しい細胞が生まれ、それが徐々に肌表面に押し上げられ、やがて1番表面までくると角層と言われる部分となり、古くなったら垢として剥がれ落ちていきます。

ターンオーバーのサイクルは約28日とされていますが、加齢や生活習慣などによって長くなり、肌のバリア機能が衰えて肌トラブルを起こしやすくなるのです。

大人ニキビ対策にはクリニックでの治療より、ターンオーバーを整えていく必要があります。生活習慣の改善で内側からのケアも大切になります。

ニキビの段階と肌に残るダメージ

ニキビは色で種類が表されます。最初に肌に表れるのは白ニキビ。白くぷつッとできるもので、ニキビの初期段階です。

この段階で潰したり触ったりすると、炎症がさらに悪化してしまうのでそっとしておきましょう。

さらに進むと毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒く見える黒ニキビ、炎症がひどくなった赤ニキビ、さらに膿を持ってしまった黄ニキビへと進行します。

黄ニキビまで進行すると、毛穴のフチが炎症によって崩され、クレーターのようなニキビ跡になることも。クレーターのような凹凸までいかなくても、シミのようなニキビ跡になることもよくあります。ニキビ跡になってしまうと、レーザー治療など病院で治療を受けないと改善させるのは難しくなります。

大人ニキビはできる前に予防するのが何より効果的なのです。

ターンオーバーを整えるにはどのタイミングでケアする?

ニキビ予防に何よりも大切なターンオーバー。乱れているターンオーバーを整えるには、どのタイミングでケアすればいいのでしょうか?

ターンオーバーはいつ起こっている?

お肌の底の方で細胞が作られ、それが表面に押し上げられていくのがターンオーバーですが、肌細胞は夜寝ているタイミングに活発に生まれています。

つまり、睡眠不足が続いたり、夜しっかり眠れていないと新しい細胞が円滑に作られなくなってしまうのです。日々の疲労で深く眠っているつもりでも、質のよい眠りや睡眠時間が足りないことで肌細胞が十分に作られず、ターンオーバーが乱れる原因となります。

ターンオーバーを正常化するには、夜のタイミングが大切ということですね。

ターンオーバーを整えるスキンケアのタイミングは?

肌は夜生まれているので、スキンケアのタイミングも夜が大切ということになります。

特に夜の洗顔、保湿ケアを正しく行うことを心がけましょう。ニキビ用の薬を塗るより毎日の洗顔と保湿の方が重要と思ってください。

洗顔は、皮脂を取り過ぎないことが大切。ポイントは、30度前後のぬるま湯を使うことと、石鹸が残らないようにすすぎを十分に行うことです。また、清潔なタオルを使い、ゴシゴシこすらないことも大切ですよ。

洗顔後はなるべく早いタイミングで保湿を行いましょう。

化粧水は洗面台に置いておくなど、工夫してみるのもいいですね。

ローションだけでは保湿が十分とは言えないので、保湿クリームや美容液を使うことをおすすめします。

クリームや美容液には「セラミド」や「ヒアルロン酸」といった、水分を保持できる成分が入ったものを選びましょう。

夜に正しいスキンケアを行うことで、寝ている間に行われる肌の修復や細胞の誕生をサポートすることができます。ただし、ニキビの炎症がひどく、傷になっている場合はニキビの上に化粧品が触れない方がいいでしょう。

とはいえ、朝のスキンケアをしなくてはいいということではありません。朝もきちんと洗顔をして、保湿してあげましょう。

ターンオーバーを整える生活習慣とは?

ターンオーバーは身体の外側からだけではなかなか整いません。いくら外側からスキンケアをタイミングよくしようと、内側からのサポートなくしてはターンオーバーは正常にならないのです。ターンオーバーをスムーズに行えるようにするには、どのような生活習慣を見直す必要があるのでしょうか?

良質の睡眠をとろう

朝、スッキリと目覚めていますか?何となく疲れが残っている、朝の肌の調子がよくないという場合は、睡眠時間が足りていないか、眠りの質がよくないことが疑われます。

また、肌だけでなく、骨や筋肉など他の組織も夜寝ている時間に修復が行われているので、睡眠は全身の健康にも大きく関わっているのです。

睡眠中に出る成長ホルモンが鍵を握っているので、成長ホルモンが1番分泌されるタイミングを知っておきましょう。

それは、入眠してから最初に訪れる3時間と言われています。特に最初の「ノンレム睡眠」のタイミングでピークとなるので、眠ってからの3時間を大切にしましょう。

スムーズな入眠のためには、

・朝日を浴びること
・寝る前にスマホなどのブルーライトを浴びないこと

が大切です。朝日を浴びると、セロトニンが分泌され自然な眠りに導いてくれます。

また、寝る直前までブルーライトを浴びていると、刺激によって脳が覚醒してしまうため、できれば寝る前1時間はスマホやPCを使わないようにしましょう。

バランスのよい食事を摂ろう

外食やお弁当の多い男性に難しいのが食事バランスです。どうしても脂っこいものや野菜不足になりがちですが、少し気にするだけで食生活はかなり改善されます。

揚げ物などの脂っぽいもの、刺激物、甘いものはできるだけ避け、アルコールも適度な量にしましょう。

外食ならおかずが3品ほど付いてくる「定食」を選ぶのがコツ。コンビニで選ぶなら、「幕の内弁当」のような色んなおかずが入ったものを選んでください。

パスタやうどん、丼など、一品料理を避けるよう心がけるといいでしょう。

男性はヒゲ剃りに注意

ヒゲを何で剃っていますか?カミソリを使っている方は、ヒゲ剃りの度に皮膚もわずかに削り、肌のバリア機能が衰えているかもしれません。

ターンオーバーにも関わってくるのですが、本来自然に剥がれ落ちるはずの角層を、あまりに早く削り取ってしまうと、今度はターンオーバーが早くなってしまうということに。

未成熟の細胞が肌表面に来てしまうことで、バリア機能が弱まり、敏感肌や乾燥をまねいてしまうのです。

できるだけヒゲ剃りにはシェーバーを使い、刃は定期的に交換してよく切れるものを使うようにしましょう。

シェーバーをいつも清潔に保つことも大切です。

また、ヒゲ剃り後の保湿も忘れないようにしてください。清涼感のあるアフターシェーブローションよりは、保湿力の高い美容液などがおすすめです。

メンズエステで根本からケアしてもらおう

女性ならニキビをメイクやファンデーションでカバーすることもあるでしょうが、男性はにきびを隠す方法がありません。

頬やおでこのニキビは目立つので、すぐに治したいところですが、症状によってはセルフケアで悪化させるので注意してください。

ニキビを根本ケアしたいなら、メンズエステでプロにお任せしましょう。

メンズエステの先駆けであるラ・パルレの「メンズニキビ内外コース」では、ターンオーバーを整えることを中心に、身体の内側からも外側からもニキビにアプローチしていきます。

お腹トリートメントでは、腸をやさしく刺激して、肌トラブルやニキビの原因となる老廃物の排出を促します。腸にたまった老廃物は、顔のおでこや頬、鼻、口周りのニキビとなって現れると言われています。

身体の内側からクレンジングするイメージです。

スイスで生まれた「バイオプトロン」は、可視光線を肌に当てることでターンオーバーを促します。光エネルギーを顔や背中にも当てることで、肌をなめらかにしていきます。

「超音波導入とイオン導入」では、毛穴の汚れや古い角質を取り除き、高濃度ビタミンCを肌に浸透させていきます。セルフケアではできないスペシャルケアとして、定期的に行うことをおすすめします。

また、コースを受ける方には、管理栄養士による食事指導も行っていますので、1番難しい食事のアドバイスも受けられます。

男性が通いやすい工夫がされていますので、気軽にご相談ください。

まとめ

ニキビケアのタイミングは、夜が大切ということです。ターンオーバーが肌荒れやニキビの根本解決にとても重要なので、夜寝ている間の成長ホルモンの分泌がピークになるタイミングをしっかり作ってあげることが大切なのです。

どうしても睡眠時間が長くは取れないという人も、入眠後4時間をぐっすり眠ることでかなり効果的です。

夜のお肌のゴールデンタイムをよりよくするために、ニキビケアは夜に正しくきちんと行いましょう。

セルフケアが難しい、ニキビを根本的にケアしたいという方は、ラ・パルレのメンズエステにご相談ください。

目次へ