コメドはニキビの始まり?最新の治療と正しい対処方法とは?

コメドと聞いて、それが何であるかすぐにわかりましたか?ニキビの初期段階とも言われる白っぽいポツポツは、根本的なニキビケアの鍵を握っています。まずはコメドとは何かを知り、正しいスキンケアができるようにしましょう。


この記事は約7分で読み終わります。

ニキビの初期段階、コメドとは?

意外にコメドの認識度は低く、ニキビに悩んでいる人でも、コメドを知らない人は多いようです。ニキビの始まりとも言える白いコメドとは何でしょうか?

コメドって何?ニキビ?角栓?

コメドとは、日本語で「面ぽう」とも呼び、ニキビの初期段階です。ニキビは毛穴に皮脂や古い角質が詰まり、炎症を起こすことでできますが、コメドは毛穴が詰まった状態のことを言います。

ニキビの段階を色で表しますが、白→黒→赤→黄と、徐々に悪化していきます。コメドはこのうち、まだ毛穴の外側にまで炎症を起こしていない「白ニキビ」の状態。

一方、角栓とは皮脂が毛穴で固まり発達したもので、表面が空気に触れて酸化し、黒っぽく見えることもあります。これが炎症を起こすと「黒ニキビ」となりますが、角栓はニキビの原因とはなりますが、コメドとはまた違います。ついつい爪やプッシャーで押し出したくなりますが、自分で行うと雑菌が入ったりするのでおすすめしません。特殊な道具で吸引する方法もありますが、その場合もエステなどプロに任せた方がいいでしょう。

コメドの段階で正しくニキビケアできれば、炎症を悪化させることなく、クレーターなどのニキビ跡になることもありません。

コメドの原因は?

コメドは、「マイクロコメド」と呼ばれる微小面ぽうから始まっています。毛穴には毛根と皮脂腺がありますが、毛穴の出口が狭くなってしまう状態がそもそもの始まりなのです。

ニキビにはなっていないけれど、肌がザラついたり、白いポツポツが見えたりしていたら、ニキビや吹き出物へと進行してしまう可能性があります。

しかも、ニキビの周囲にコメドが潜んでおり、ニキビが治ってもすぐにコメドが炎症を起こして次のニキビとなることがあります。だから、大人のニキビは繰り返すことが多いのですね。

コメドの段階で、しっかりケアをしていくことがニキビを絶つことに繋がります。

皮膚科クリニックでのコメド治療とは?

最近では「コメド治療」と呼ばれるニキビのできにくい肌を目指す治療があります。病院の皮膚科や、皮膚科クリニックでコメドに効果のある薬が使えるようになったためです。

ニキビ治療はコメド治療?

以前は、皮膚科ではニキビ治療に抗菌薬を処方し、アクネ菌を抑えるような治療を行っていました。これは炎症が起きてしまったニキビに対処するような治療でしたが、最近はもっと初期段階のコメドを治す薬が処方されるようになったのです。

コメド治療に使われる薬は、殺菌に加えて毛穴の詰まりを改善する作用があるもので、従来のニキビ治療薬に比べて、アクネ菌に耐性ができてしまう心配が少ないものもあります。

とはいえ、抗菌薬ですから、長く使うことでアクネ菌に耐性ができ、かえってアクネ菌を増やしニキビのリスクとなることもあります。必ず医師の指示に従い、決められた容量、回数、期間を守りましょう。また、クリニックでは保険のきかない治療もありますので、よく医師と相談しましょう。

ニキビの始まり、コメドは正しいケアを

先ほど述べたように、ニキビは治っても近い場所にコメドがあればやがてニキビへと進行する可能性があります。ニキビが治ったと安心せずに、毛穴の詰まりを予防するコメドケアはとても大切なのです。

では、コメドはクリニックや病院でもらう薬でしか治療できないのか?という話になりますが、セルフケアでもコメドができない美肌を作ることはできます。

その方法について、詳しく述べていきましょう。

ニキビのできにくいお肌のためのできること

コメドがお肌にあると、繰り返すニキビや肌荒れの原因になります。ニキビができにくい肌になるためには、コメドを作らないこと。そのためにセルフケアでできることをご紹介します。

コメド対策① 正しい洗顔

コメドは毛穴の詰まりですから、毎日2回の洗顔で汚れと皮脂、古い角質を洗い流すことが大切です。

市販の洗顔フォームでもいいのですが、洗顔には石鹸を使うことをおすすめします。メイクやコスメを使う機会が女性よりほとんどない男性は、クレンジングを使う必要もないので、石鹸で十分に汚れが落ちます。

口コミランキングで上位にくる洗顔フォームやジェルは、男性用は特に清涼感があり皮脂を取り除く成分が入ったものが多いからです。

皮脂は取り除く必要がありますが、取りすぎてしまうと、今度は肌を守ろうとして過剰に皮脂が分泌されてしまいます。皮脂はニキビの原因でもありますが、お肌を守るために必要なものでもあるのですね。

石鹸をよく泡立て、30度程度のぬるま湯をつかって丁寧に洗顔しましょう。お湯では皮脂を取り過ぎ、冷たい水では皮脂も汚れも十分に取れません。

顔を洗う前に、まず手をよく洗うことで、石鹸の泡立ちをよくし、顔に手の雑菌が付着するのを防ぎます。

最後に、とにかくよくすすぎましょう。石鹸成分が顔に残っていると、肌トラブルの原因になってしまいます。

コメド対策② 保湿

洗顔の後は、なるべく早く保湿をしてあげましょう。洗顔後はどんどん肌から水分が蒸発し、乾燥してしまいます。

肌の乾燥は、皮脂の過剰分泌に繋がるだけでなく、ターンオーバーのサイクルを乱して古い角質を肌の上に留めてしまいます。

保湿とは、肌が水分を長時間保持できるようにすること。化粧水だけ付けて保湿しているつもりではなく、きちんとセラミドやヒアルロン酸といった、水分保持成分の配合された乳液、美容液や保湿クリームを使いましょう。

コメド対策③ バランスの良い食事

ニキビのできない肌のためには栄養バランスの良い食事が大切です。コメドができない美しい肌のためには、内側からのケアも必要なのですね。

ニキビ予防にぜひ摂って欲しい栄養素は、ビタミンA・C・Eですが、具体的にはレバー、ウナギ、卵、大豆食品、乳製品、緑黄色野菜、果物、いも類、ピーナッツ類などに多く含まれています。

外食の多い男性は、和定食など、メインおかずにみそ汁や小鉢がいくつか付いたものをおすすめします。反対に、脂っこいものや脂肪分の多いもの、アルコールの飲み過ぎには注意しましょう。

どうしてもうまく食事で栄養が摂れていないと思ったら、サプリで補助してもいいでしょう。ただし、サプリはあくまでも補助なので、食事をおろそかにしてもいいという意味ではありません。

コメド対策④ 良質の睡眠

睡眠不足はニキビに悪いことはよく知られていますが、やはり睡眠はコメド対策には重要です。お肌のゴールデンタイムと言われるのは22時から翌2時の間と言われていますが、この時間帯に眠れなくても、良質の睡眠を確保することはできます。

睡眠で大切なのは、寝入ってから4時間のノンレム睡眠だと覚えてください。つまり寝入ってから最初のノンレム睡眠(深い眠り)を3時間以内に来るようにすれば、スッキリと目覚めるのです。

お肌だけでなく、身体のあらゆる組織を修復するのもこの時間帯であり、修復するのに大切な成長ホルモンの分泌がこの時にピークになるのです。寝入ってからの4時間に効果的に眠れば、ニキビ対策に有効な良質の睡眠となる訳ですね。

そのためには、朝日を浴びる、寝る1時間前にはブルーライトを浴びないということに気をつけて生活してみましょう。

セルフケアが難しければ、メンズエステへ

コメドはニキビの前段階であり、炎症したニキビの周りにも存在していることがわかりました。

クリニックへ行って薬をもらうのも効果的な対策ではありますが、薬に頼りたくない人も多いものです。しかしながら、セルフケアは生活習慣を改善することでもあり、現代人には難しいのも事実です。

そんな時は、ラ・パルレのメンズエステへお任せください。

エステでは、「メンズニキビ内外コース」として、内側からも外側からもニキビの根本ケアにアプローチしていきます。

ターンオーバーを整えるスイス生まれの「バイオプトロン」、イオン導入と超音波導入で高濃度ビタミンCを浸透させ、お腹トリートメントで腸の老廃物をケアします。

管理栄養士による食事指導も受けられますので、食事にお困りの男性にも心強い味方ですよ。

コメドのできにくいお肌を目指し、ニキビの根本ケアをしていきましょう!

 

目次へ