ニキビと便秘の関係は?肌の状態は腸内環境のサインかも!

便秘といえば女性のイメージが強いですが、ニキビに悩む男性の中には、便秘に悩んでいる人も少なくありません。なぜ腸内環境とニキビに関係があるのでしょうか?そもそも便秘とは何かを解説しながら、肌荒れとの関連性を探っていきます。


この記事は約7分で読み終わります。

この記事はメンズ専用ニキビコースを提供する
エステサロンのラ・パルレが書いています

コース詳細はこちら

ニキビと便秘の関係

ニキビで悩んでいる人は、少なからず便秘の傾向が見られるのではないでしょうか?なぜ便秘になるとニキビができやすくなるのか、解説します。

そもそも便秘とは?

毎日排便がないと、便秘だと思い込んでいませんか?便秘とは、ざっくり言うと「3日以上便が出ない状態」もしくは「排便が週に3回未満」を差します。

便の形状でも区別され、「コロコロと硬いウサギのふんのような」便や、「短くて固まった硬い」便が便秘の人の便とされています。

症状としては、

・数日間便が出ない
・お腹が張っている
・腹痛がある便が硬く、出すときにいきまないと出ない

といったものがあります。

お腹を触って、しこりのような違和感のある場所がありませんか?便秘は、ニキビの原因となるだけでなく、全身の健康状態に大きく影響を与えるものですので、体質と諦めずぜひ改善していきたいですね。

便秘の原因

慢性的な便秘には、原因がはっきりしているものと、生活習慣やストレスといった、はっきりしない原因のものがあります。

原因がはっきりしているものは、腸の異常や内科的な病気、薬の服用といった理由で便秘になっています。

やっかいなのは、原因のはっきりしない便秘です。運動不足や偏った食事、ストレスといった生活習慣によって腸の動きが低下し、便秘になってしまいます。そういえば、ニキビの原因も複雑に絡んでいますね。

生活習慣が原因で便秘になることは、大人ニキビの原因とよく似ています。この当たりに、ニキビと便秘の関係が見えてきそうです。

それでは、もっと詳しく便秘の原因を見てみましょう。

【筋肉や感覚の低下】

便を押し出す力が弱まっていたり、腸や肛門付近の筋肉である「骨盤底筋」や直腸の収縮力や感覚が低下することにより、便秘になることがあります。

便意を感じても外に出す力がないために、便秘になるということですね。年齢が上がることとも関係があるようです。

【食事・水分の不足】

食事の量が少ないと、便の量も少なくなり、かつ水分が不足すると便が硬くなって出しにくくなります。便の量が少ないから排便の回数が減り、水分量が足りずにコロコロの硬い便になってしまうのです。

【腸のぜん動運動が弱い】

便意は腸のぜん動運動によって起こります。大腸に便がたまっているのに、ぜん動運動が弱かったり、発生する回数が少なかったりすると、排便の回数が減ってしまいます。

これらの便秘の原因を改善していくために、どうしたらいいのか考えていきましょう。

どうして便秘がニキビの原因になるの?

便は老廃物です。便秘によって長く老廃物が腸にとどまると、有害な物質が溜まり、腸内環境が悪化してしまうのです。

食べたものは口で咀嚼され、胃で消化されながら腸へ届けられます。食べた物は腸へきて初めて、体内に吸収されることになるのです。

腸内環境が悪化すると、老廃物が溜まるだけでなく、腸へきた新しい栄養もうまく吸収できない状態に。

すると、全身の免疫力が低下してしまい、肌のターンオーバーも乱れてしまうのです。

肌のターンオーバーが乱れると、毛穴に皮脂や古い角質が詰まり、ニキビができやすくなります。

便秘を解消する方法は?

便秘とニキビの関係が見えてきましたね。便秘を解消する方法はどんなものでしょうか?ニキビのケアにも通じるヒントがありそうです。

病院で治療する

便秘で病院?と思うかもしれませんが、あまりに辛い重症なら病院で治すことも考えてみましょう。

便秘の原因や症状、程度などを問診した上で、薬を処方されることが一般的です。主に、下剤、水分分泌を促進する上皮機能変容薬、消化管運動賦活薬、漢方薬などが処方されます。
自分で漢方薬を飲む人もいますが、自己判断では自分に合った漢方ではないものを選んでいる危険性もあるので、薬局か医師に相談しましょう。また、漢方は他の薬と相性が悪いこともあるので、漢方医に診てもらうことをおすすめします。

生活習慣の改善

原因がはっきりしない便秘は、生活習慣によるものが大きいと前述しました。

つまり、運動不足や寝不足、食事といった生活習慣を見直し、改善していくことが慢性的な便秘を解消する早道なのです。この便秘解消法は、ニキビの改善にも繋がっていきます。

病院に行くほどではない、薬は飲みたくないといった場合は、生活習慣の改善を図りましょう。

これらを改善することで肌のターンオーバーも正常化し、結果的にニキビにもいいことになります。

特に食事とストレスについては早急に対処した方がいいでしょう。

【食事療法】

便秘がニキビだけでなく、全身の健康状態に及ぼす影響は計り知れません。偏った食事や、油分の食べ物、ダイエットによる食事制限は便秘の原因となります。

便秘にいい食べ物としてヨーグルトが有名ですが、もちろん間違いではありません。朝に食べるイメージが強いですが、夜に食べる方が効果的です。

また、食物繊維は腸のぜん動運動を促して、腸の大掃除をしてくれるので、野菜やフルーツを中心とした和食、ヨーグルトや納豆など乳酸菌を含む発酵食品を多く摂るように心がけましょう。ビタミンACEも積極的に摂ると、ニキビにもよい食事になります。

【ストレス解消】

忙しい現代人は、思いのほかストレスを抱えているもの。ストレスは睡眠障害やホルモンバランスを崩す原因ともなりますので、溜めないようにしましょう。もちろんニキビにも影響があります。

ストレスによって緊張状態が続くと、腸の動きが鈍くなり、便秘になってしまいます。趣味や運動、気持ちいいと感じることを見つけて、1日5分でもいいのでリラックスした状態を持つようにしてください。

リラックス状態は、副交感神経が優位になり、腸の働きを助けるだけでなく、良質の睡眠がとれる効果もあります。

ニキビを多角的にケア!ラ・パルレのメンズエステ

エステで便秘が解消できるとは、意外ではありませんか?メンズエステの先駆けであるラ・パルレでは、あらゆる方向からニキビケアをしているので、腸内環境を整えることも考えています。詳しく見ていきましょう。

メンズエステで便秘解消?

エステというと、身体の外側からのアプローチ、いわゆるスペシャルなスキンケアをしてくれるイメージが強いですが、ラ・パルレの「メンズニキビ内外コース」では、ニキビの原因に多角的にアプローチするため、身体の内側からもしっかりケアしていきます。

特に「お腹トリートメント」は、老廃物の排出をサポートするもの。お腹をやさしく刺激すると、違和感がある場所があることも。老廃物が溜まると、腸内環境が悪化するので、ニキビの原因ともなるのですね。

お腹トリートメントで、ニキビを腸からサポートしていきます。

また、便秘解消に重要な食事についても、管理栄養士が指導してくれます。アドバイスによって腸内環境を整え、ニキビを根本的にケアしていきましょう。

メンズエステでセルフケアできないスペシャルケアを

ラ・パルレの「メンズニキビ内外コース」では、石鹸での洗顔、保湿クリームなどによる乾燥防止といった、市販の化粧品ではできない、スペシャルケアを行います。

スイス生まれの「バイオプトロン」は、可視光線を肌に当てることで、お肌のターンオーバーを整え、大人ニキビの原因である毛穴の詰まりを減らすよう促していきます。

また、「超音波導入+イオン導入」で高濃度ビタミンCを浸透させ、美容成分を肌の奥まで届けます。赤い炎症したニキビがあってもケアできます。まずはセルフのクレンジングではできない、毛穴の汚れや角質を取り除く洗浄を行ってから導入するので、ニキビのできにくい透明感ある肌へ導いてくれます。

まとめ

便秘とニキビや吹き出物の関係がわかりました。そして、便秘を解消する方法と、ニキビの根本ケアが似ていることもわかりました。

生活習慣を改善することは難しいと思うかもしれませんが、便秘はニキビだけでなく、全身の健康にも大きな影響を与えかねないため、できることから少しずつ改善していきましょう。

自分でケアするのが難しいところは、プロに委ねるのもアリです。ラ・パルレは、男性が通いやすいように男性専用の窓口を設けていたり、個室でカウンセリングが受けられたりと、男性にも配慮されたエステですので、気軽にご相談ください。

目次へ