ニキビにしこりみたいな芯が?種類の見分け方とケアの方法

一口にニキビと言っても、原因や種類も色んなタイプがあります。中でも、大きくて痛みを伴う「芯」のあるニキビは見た目もとても気になりますよね。ニキビがどう進行していくのか、種類の違いを知ることで正しいケアができるよう、ご紹介していきます。


この記事は約7分で読み終わります。

ニキビの正体

ニキビといえばアクネ菌が関係していることはよく知られるようになりました。ところが「ニキビ=過剰な皮脂」と思い込んでいる人が多いことも事実です。

そこで、ニキビとは何かをまず見ていきましょう。

ニキビができるきっかけ

ニキビは毛穴の出口の角質が厚くなり、毛穴を塞いでしまうことでできてしまいます。

この塞がった毛穴の中に皮脂が溜まり、そこにアクネ菌が過剰に繁殖して炎症を起こすのです。

乾燥肌の人や、皮脂の少ない頬にもニキビができるのは、このためなのです。

アクネ菌は常在菌

では、ニキビができないようにアクネ菌をすべて殺菌してしまえばいいのでは?という考えもあるようです。しかしながら、アクネ菌は元々皮膚にいる常在菌であって、肌表面のバランスを正常に保つためには必要な菌なのです。

アクネ菌をすべて殺菌してしまっては、肌表面のバランスが崩れてしまい、別の肌トラブルを起こしかねません。

ニキビの原因は?

ニキビができる原因は、

  • ・ホルモンバランスの乱れ
  • ・免疫低下
  • ・ストレス
  • ・不規則な生活
  • ・偏食
  • ・睡眠不足
  • ・運動不足

などが複合的にからみあっているため、表面だけのケアでは根本的にニキビをケアすることはできないのです。

次々とできる大人ニキビに悩んでいるなら、一度生活習慣の見直しを図ってみましょう。

芯のあるニキビの進行状態

芯のあるニキビは「しこりニキビ」とも呼ばれ、大きくて痒みを伴うことがほとんど。正しいケアのために、ニキビの進行状態をご説明しましょう。

ニキビが進行する段階

【第一段階 ニキビでき始め】

肉眼ではまだ確認できませんが、過剰分泌された皮脂や男性ホルモンの分解産物が毛穴の出口に詰まっています。

角層が角化現象を起こし、ニキビができやすくなっている状態です。

【第二段階 白ニキビ・黒ニキビ】

毛穴の出口が狭くなると、皮脂が毛穴の内側に溜まります。すると、皮脂を好むアクネ菌が繁殖して毛穴の中が炎症を起こしてしまいます。

毛穴が閉じているのが「白ニキビ」、毛穴が開いているのが「黒ニキビ」と呼ばれています。

【第三段階 赤ニキビ・黄ニキビ】

白ニキビが進行すると毛穴の中から外側までえんしょう画怒り、毛穴のまわりまで赤く腫れてしまいます。(赤ニキビ)

さらに炎症が進行するとニキビが化膿して膿が溜まります。この状態が「黄ニキビ」です。

毛穴の中や周囲には白血球が集まって、アクネ菌を攻撃しています。

【第四段階 芯のあるニキビ】

黄ニキビがさらに進行すると、皮膚の下に血液や膿が溜まって大きく腫れ上がります。痛みや痒みを伴い、中に芯のあるニキビになってしまいます。

ニキビがこの段階まで進行してしまうと、毛穴の壁が壊れて炎症が広がってしまう可能性もあります。そうなると炎症が治まってもクレーターのようなニキビ痕が残ってしまいますので、注意が必要です。

ニキビかどうか見極める!粉瘤との違いは?

大きなニキビができた!と思っていたら、実はニキビではなかったというケースがあります。それは「粉瘤」と呼ばれるもので、見た目はニキビとよく似ていますがケアの方法が違います。ニキビかも?と思ったら、まずは粉瘤かどうかを確認しましょう。

粉瘤ってなに?

皮膚はターンオーバーによって角質や皮脂が剥げ落ちるようになっています。ところが、その老廃物が剥がれ落ちずに皮膚の下に溜まってしまったものが粉瘤です。

顔だけでなく、身体中のどこにでもでき、半球状に盛り上がった形をしています。かなり大きくなることもあり、そうなると手術が必要とされることもあります。

ニキビと粉瘤の違い

ニキビは毛穴で起こるものですが、粉瘤とはケアの方法が違うため、最初に違いを見極めておきましょう。

・サイズ

ニキビは大きくなっても数ミリ程度までです。しかしながら、粉瘤は数センチから数十センチになることもありますので、どんどん大きくなるようなら皮膚科を受診しましょう。

・ニオイ

ニキビは基本的に悪臭はしませんが、粉瘤は老廃物が溜まったものなので悪臭がします。部位によっては確認するのが難しいかもしれませんが、ニキビとの区別に大いに役に立ちます。

・開口部

粉瘤の真ん中をよく見ると、中心あたりに黒い点があります。ただし、「黒ニキビ」と見分けがつかない場合もあるため、総合的に判断する必要があります。

・部位

ニキビは顔、背中の上方、胸の部分など、皮脂が多い部分にできることがほとんどです。もちろんニキビの原因は皮脂が多いことだけではありませんが、それ以外の部位にできたものは、粉瘤の可能性があるため、よく観察してみましょう。

粉瘤だったらどうする?

ニキビがはある程度まで自分でケアできますが、粉瘤は自宅ケアでは完治しません。

感染したり、大きくなったりすると、病院での治療が必要ですので、あまりにニキビが大きいと思ったら、皮膚科できちんと診断してもらいましょう。

ニキビができたらやってはいけないこと

ニキビができたら早く治したい一心で、ついついやってしまうことがありませんか?一般的に言われていることでも、実際は間違っていて余計にニキビを悪化させたり、痕が残ってしまったりすることもありますので、注意しましょう。

・ニキビをつぶす

「芯のあるニキビは、つぶして出してしまったらいい」という巷の噂を聞いたことがありませんか?

芯のあるしこりニキビは、炎症が毛穴の壁まで壊しかねないほど進行している状態です。そんな状態のニキビをつぶすと、さらに周辺の皮膚まで傷めてニキビ痕が残ってしまう原因となります。

気になるのはわかりますが、なるべく触れず、つぶさないでください!

・しつこい洗顔

ニキビは乾燥していると皮脂が過剰に分泌しやすくなり、ニキビができやすくなってしまいます。

ニキビ予防で洗顔をするのはわかりますが、芯のあるニキビは悪化した状態ですので、洗顔は意味がありません。逆に肌の乾燥を招いて弱い状態になってしまいますので、一日に何度も洗顔するのはやめましょう。

洗顔は、朝夕2回、泡を十分にたててやさしく洗うのがコツです。洗顔フォームが残らないよう、30℃程度のぬるま湯で十分にすすいでください。熱いお湯は肌の乾燥を招くためNGです。

ニキビケアはラ・パルレで内と外から!

セルフケアは、できてしまってから行うのは非常に困難です。つまり、セルフケアとは予防が肝心と心得ましょう。

ついつい肌表面のことばかりに目が向きがちですが、ニキビができるメカニズムは生活習慣を始めとした様々なことが考えられます。

とは言っても、自分ですべてをケアするのは難しいと思っている方には、ラ・パルレの「メンズニキビ内外コース」がおすすめです。

丁寧なカウンセリングを行い、ひとり一人に合った生活習慣や食事、運動といった内側からと、サロンでの美容機器を使ったりトリートメントによる外側からのケアでサポートします。

繰り返すニキビや、芯のあるニキビに悩んでいるなら、一度ご相談ください。

まとめ

芯のあるニキビは、ニキビの最終段階であることがわかりましたでしょうか。

大変傷つきやすい状態ですので、できる限り触らないのが正解です。

ニキビが悪化するとニキビ痕になりやすく、痕になるとケアが難しくなってしまいます。

ニキビはできる前に予防することが大切と考え、根本的なケアをしていきましょう。

ラ・パルレでは身体の内側からニキビを考えたコースをご用意しております。メンズエステコース内では、管理栄養士による栄養指導 やカウンセリングも受けられますので、まずはお気軽にご相談ください。


目次へ