正しい洗顔できている?メンズニキビにおすすめのケア方法とは?

ニキビ予防に洗顔が大切なのは間違いありませんが、その方法や頻度、その後のケアなどが間違っていませんか?洗いすぎや皮脂の取り過ぎは、逆に肌荒れを起こす原因となることもあるのです。正しい洗顔をして、繰り返す大人ニキビを撃退しましょう。


この記事は約7分で読み終わります。

この記事はメンズ専用ニキビコースを提供する
エステサロンのラ・パルレが書いています

コース詳細はこちら

正しい洗顔でニキビを予防しよう!

ニキビ予防のために洗顔はとても大事なケアです。ただし、間違った洗顔によってかえってニキビが悪化したり、繰り返したりしてしまうので、正しい洗顔方法を覚えましょう。

間違ってない?洗顔とニキビの関係とは?

朝起きたら顔は洗うものと、ルーティンになりがちな洗顔ですが、洗顔にはきちんとした目的があります。それは、皮脂膜を洗い流し、きれいな皮脂膜に戻すことです。

皮脂膜とは、皮脂腺から分泌されている皮脂と、汗腺から出る水分で作られる天然の膜のこと。誰でも、自分で保湿クリームを作り出し、外界の刺激や内側の水分が過剰に出ていかないよう、守っているのです。

ただし、皮脂膜は汚れが付くと細菌が繁殖して肌によくないため、適度な頻度で洗顔をしてきれいにする必要があります。しかしながら、間違った洗顔によって大切な皮脂膜を取ってしまうと、ニキビができやすくなってしまうのです。

ニキビ予防のための洗顔とは?

ニキビはどのようにしてできるのでしょうか?ニキビは、毛穴に皮脂が詰まり、皮脂を大好物とするアクネ菌が増殖してしまうことでできてしまいます。

つまり、毛穴の中にアクネ菌が増えて炎症を起こした状態がニキビなのです。皮脂やアクネ菌がニキビの原因ではありますが、皮脂は皮脂膜を作るのに大切な材料であり、アクネ菌も元々皮膚にいる常在菌なのです。

どちらも悪者ではないのに、ニキビになってしまうのは、皮脂の多い中学生、高校生の頃の思春期ニキビと違い、大人ニキビの原因が生活習慣と深く絡み合っているから。

洗顔は、ニキビ予防の第一歩ですが、正しく行わないとかえってニキビを悪化させる原因となってしまうのです。

正しい洗顔の方法とは?

それでは早速、正しい洗顔の方法をご紹介していきます。洗顔のNGケアもご紹介するので、今までのケア方法を見直してみましょう。

正しい洗顔のやり方

  1. 手をハンドソープなどを付けて洗い、清潔にする
  2. ぬるま湯(30℃程度)で5回程度予洗する
  3. 洗顔料をよく泡立て、まずTゾーンに泡をのせる
  4. 次に顎、頬の順に泡をのせる
  5. 顔全体を手のひらで包み込むようにして、泡で洗うように洗顔をする。こすらず、顔の皮膚に直接触れないよう、皮膚との間に泡があるような感じで
  6. ぬるま湯で泡が残らないよう20回以上すすぐ。おでこや髪の生え際、こめかみ、顎の下など、すすぎ残しがないようよくすすぎます
  7. 清潔なタオルで顔に押しつけるようにして水分を吸わせる。ゴシゴシこすらず、できるだけ皮膚に負担がかからないように注意

NGな洗顔とは?日頃の洗顔を見直そう!

意外に手は汚れています。汚い手で洗ってもきれいになりませんし、泡もきれいに立たなくなってしまうので、洗顔前には石けんをつけて手を洗いましょう。

次に、シャワーを浴びる時のような40℃前後の温度のお湯や、逆に冷たい水での洗顔はNGです。熱すぎるお湯は皮脂を取り過ぎてしまい、皮脂は乾燥を防ごうと余計に分泌されてしまいます。

逆に、冷たい水では皮脂汚れが落ちにくく、汚れが落ちないことで毛穴に皮脂が詰まってニキビをまねいてしまうのです。30℃程度のぬるま湯で洗うことを守りましょう。

また、長時間の洗顔もニキビケアによくありません。皮脂を取り過ぎてしまうことと、洗顔料の刺激に長く触れさせたくないことが理由です。泡を顔につけている時間の目安は1分と覚えておきましょう。

お風呂で洗顔をする際に、泡を早く洗い流そうとシャワーを直接顔に当てていませんか?これも肌に刺激が強すぎて皮膚を傷めてしまいます。お風呂でも、洗面器にぬるま湯をためるなどして洗顔しましょう。

ニキビにおすすめは、フォーム?石鹸?

正しい洗顔の方法はわかりましたが、では、どのような洗顔料を使ったらいいのでしょうか?人気のあるものがよいものとは限りません。市販の洗顔料にも色んなものがあるので、その種類や成分をご紹介します。

市販品でもこんなにある!洗顔料の種類

いつもどのような洗顔料を使っていますか?そして、その洗顔料を選んだ理由を明確に答えられますか?ランキングなどで選ぶのではなく、正しい洗顔料を選べるようになるために、まずは洗顔料の種類をご紹介します。

①洗顔フォーム

チューブに入って使いやすいクリーム状の洗顔料です。泡立ちはいいのですが、クリームにするための界面活性剤が入っており、刺激が強め。ランキングでは上位にくることが多いフォームですが、使う場合はすすぎを念入りに行ってください。

②固形石鹸

昔から愛用されてきた固形の石鹸です。穏やかで肌にやさしく、大人ニキビや敏感肌、乾燥肌にはおすすめです。泡が立てにくい場合は、泡立てネットを使いましょう。

③パウダータイプ

粉状になっている洗顔料です。泡立ちにくいタイプが多いですが、毛穴汚れや皮脂汚れをしっかり落とす酵素配合の洗顔料にパウダータイプが多いです。

洗顔料の成分は?薬用って何?

洗顔の目的とは、皮脂膜を洗ってきれいにすることです。極端なことを言えば、洗顔は洗い流すものなので、美容成分が入っているかどうかはあまり関係ないのです。

洗顔料の主成分は、脂汚れを落とすためのものなので、刺激の強い「界面活性剤」が配合されていることがほとんど。界面活性剤とは、水と油を混ぜ合わせる目的で配合されるため、クリーム状の洗顔料には配合されていると思っていいでしょう。

ニキビ肌やアトピーなどの敏感肌におすすめなのは、昔ながらの固形石けんです。余分な成分を含まず、やさしい洗い上がりで肌がつっぱることも少なくなります。必要な皮脂を残して汚れだけを落としてくれます。

「薬用」石けんというのは「医薬部外品」と同じ意味で、厚生労働省が認めた有効成分が入っているという意味です。ニキビ用の薬用石けんでは、「グリチルリチン酸2K」という炎症ををサポートして肌荒れやニキビケアに使われる成分が入っていることがほとんどです。また、乾燥を防ぐ成分でもあります。

 ニキビのスペシャルケアはメンズエステへ

大人のニキビは繰り返すことが特徴なので、洗顔を見直しただけではなかなか改善しないかもしれません。それは、大人ニキビの原因は1つだけではなく、色んな要素が絡み合っているからです。

食事や睡眠といった生活習慣、スキンケアと、総合的にアプローチする必要があるため、セルフケアが難しいと思う人は多いでしょう。

ニキビを根本ケアしたい方は、メンズエステを先駆けて行ってきたラ・パルレのメンズエステをおすすめします。

「メンズニキビ内外コース」では、ニキビに悩む男性の体の内側からも外側からもニキビをケアしていきます。スイス生まれの可視光線、バイオプトロンは、光エネルギーを皮膚に当てることで肌の生まれ変わりを促します。

また、超音波導入とイオン導入では、まず超音波で毛穴を洗浄した後、高濃度ビタミンCを浸透させていきます。今あるニキビをケアしながら、将来ニキビのできにくい肌へと導きます。

さらに管理栄養士による食事のアドバイスや、オリジナルニキビケア化粧品のご案内もできますので、ニキビを本気でケアしたい方は、お気軽にご相談ください。

まとめ 取りすぎないよう洗ってしっかり保湿が重要

洗顔は汚れた皮脂を落としてきれいにし、新しくきれいな皮脂膜を作るために行うものです。回数が多くても少なくても、また洗浄力が強すぎても弱すぎてもよくありません。ニキビをケアするには、正しく洗顔をして、清潔な肌を保ちましょう。

適切な洗顔の回数は、朝夕の2回。花粉の季節などは、帰宅後すぐに洗うようにすると尚よいでしょう。正しく洗顔をした後は、できるだけすぐに保湿剤などで乾燥を防ぐことが大切です。保湿にはより乾燥しにくいクリームタイプがおすすめです。

 

 

目次へ