ニキビ肌にどうして保湿は必要か?正しいやりかたを徹底解説

ニキビと保湿に、どのような関係があるのでしょうか?そして、ローションや乳液でケアはしているのに大人ニキビが繰り返しできるのはどうしてなのでしょうか?原因は、間違った保湿のやりかたかもしれません。正しいケアのやりかたを覚えましょう。


この記事は約7分で読み終わります。

ニキビと保湿の関係とは?

ニキビは皮脂を取ることが大切と思い込み、皮脂を抑える、取り除くことばかり気にしていませんか?繰り返すニキビ肌には、保湿とそのやりかたが重要です。まずはニキビと保湿の関係を解説します。

どうしてニキビ肌に保湿の必要があるのか?

ニキビの原因は、毛穴に皮脂や本来剥がれ落ちるべき古い角質が詰まって炎症を起すことです。肌には元々「皮脂膜」という自分を守るためのものを、皮脂と水分(汗)によって作っています。

ところが、生活習慣によって皮脂と水分のバランスが崩れると、天然の皮脂膜をうまく作れなくなり、皮脂が過剰に分泌されたり、古い角質が肌に残ったりしてしまうのです。

皮脂膜を作るために、皮脂も水分も適量が必要であり、ニキビを気にしている人は、必要以上に皮脂を取り過ぎている可能性も否めません。同時に、水分も必要なので、肌が乾燥しないよう保ってあげることが大切です。

保湿しないとニキビはどうなる?

肌が乾燥すると、余計に毛穴に角質が詰まりやすくなり、大人ニキビや肌荒れを起こす原因となり、薬などで治っては繰り返すという悪循環に陥ってしまいます。

また、ちゃんとクリームを塗ったりしてスキンケアしていると思っていても、間違った保湿のやりかたでは、かえって肌は乾燥してしまいます。

大人ニキビの特徴は、生活習慣や食事によるホルモンバランスの乱れや、ターンオーバーの乱れによって繰り返し起こるので、完治したと思っても、またできるという悩みを抱えがち。

保湿しないとニキビは炎症が悪化したり、ひどい赤みが出たりして、クレーターのようなニキビ跡になりかねませんので、しっかり正しい保湿のやり方を覚えましょう。

そのやりかた間違ってない?正しい保湿の方法

それでは正しい保湿の方法について解説していきます。今までやっているつもりだった保湿を見直してみましょう。

そもそも保湿とは?保湿の意味

「保湿をきちんとやっている」という人は、そもそも保湿とは何か理解しているでしょうか?洗顔の後、化粧水や乳液を塗れば保湿効果があると思っていませんか?方法は間違っていませんか?

本当の保湿とは、「肌の角層に十分に水分が保たれていること」を差します。角層とは、わずか0.02mmの肌の1番上の部分で、セラミドなどの角質細胞間脂質がレンガのように積み重なっています。

このレンガとレンガの隙間を埋める役割をしているのが、セラミドなどの保湿成分。

保湿成分が少ないと、レンガの間に隙間ができ、肌のバリア機能が働かず、内側の水分は蒸発し、外からの刺激物は入ってきてしまうという状態に。

ただし、お風呂につかってもお湯が肌の中に入ってこないように、外側からのケア方法だけでは、角質を十分に潤すのは限界があるのです。

つまり、本当の保湿とは、角層の保湿成分を十分に満たしてあげることであり、外側からだけでなく、内側からのケアが大切なのです。

やってるつもりのNGな保湿のやりかた

男性のスキンケアは、化粧品を1つしか使っていないケースが多いようです。しかしその方法では潤い対策として十分な効果が期待できないのです。

以下のチェック項目で今の保湿のやりかたを確認してみましょう。

  • □洗顔後、化粧水だけつけて放置している
  • □洗顔の時や、スキンケアの時、強めにゴシゴシしている
  • □化粧水を何度も重ね付けしている
  • □化粧水や乳液を手のひらで叩くようにして付けている
  • □お風呂でシャワーのお湯を直接顔に当てている
  • □洗顔の時、40度程度のお湯で洗っている
  • □中学生や高校生の時と同じニキビ用化粧品を使っている

上の項目は、どれも肌の乾燥の原因となるケアです。大人ニキビは皮脂とアクネ菌が原因であるのは間違いありませんが、中学生や高校生の時のニキビとは原因が違うため、皮脂を取るようなケアをしてはニキビ予防どころか悪化させてしまいます。

それ以外にも、加齢や紫外線によって肌は乾燥しますので、正しい保湿のやりかたを覚えて、ニキビ対策をしましょう。

正しく保湿ケアして、ニキビを予防する

前項で説明したように、肌には天然のバリア機能が働いており、水は肌の奥まで入っていかないようになっています。つまり、成分の大部分が水である化粧水だけでは、角質が十分に潤わないのです。

化粧水を付けた時、しっとりするのは一時的な効果。それもすぐに肌表面から蒸発し、蒸発する際に肌の水分まで一緒に奪ってしまいます。

化粧水の後、乳液やクリームでフタをするということが言われていましたが、この方法には盲点があります。

乳液やクリームとは、要するに油分のことですが、セラミドなどの保湿保持力のない油分を肌にのせても効果はなく、隙間から水分は蒸発してしまうのです。

乳液は水分が50〜70%ありますが、セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分が含まれていなければ、水分をキープしてくれません。水分を保持する成分が入っていれば、化粧品の中の水分も長時間保持してくれます。皮膚科で処方される薬にも、保湿成分が配合されているものがあります。

【正しい保湿のやりかた】

洗顔後すぐに、手のひらに乳液か保湿クリームを適量取ります。
化粧品のパッケージに書いてある量を守りましょう。
両手のひらで1度化粧品を温めるようになじませて、両手で頬を覆うようにします。
次に、額、顎、鼻と、手のひらで押さえつけるようにして顔全体につけていきます。
手のひらの熱で顔全体を包み込んで温めるようなイメージです。
アイテムをいくつか使う場合は、化粧水→美容液→乳液orクリームの順で。

男性は、朝から洗顔とヒゲ剃りをしますので、肌を乾燥させないようにヒゲ剃りを先に行うのがおすすめです。ヒゲが剃りにくければ、蒸しタオルでヒゲを柔らかくするのがおすすめです。

洗顔後は、とにかく早く、すぐに保湿ケアすることが大切です。

また、保湿ケアのタイミングは、朝の洗顔後と、夜のお風呂後。どちらもすぐに行うことが大事なので、洗面台に保湿剤を置いておくと便利です。
お風呂といえば、背中のニキビも同様に保湿が重要です。気になる場合は保湿力の高いボディソープに切り替えることから始めてみましょう。

身体の内側からも潤そう!やりかたは?

保湿の方法は外側からだけでは十分ではありません。身体の内側からも乾燥を防ぎ、水分保持効果を肌の内側に持たせましょう。

ビタミンと鉄分で保湿力アップの食事をしよう

乾燥対策をしたい場合、積極的に摂りたい栄養素は「ビタミン類」と「鉄分」です。特に「ビタミンA」はターンオーバーを整え、肌本来のみずみずしさをサポートしてくれます。

レバー、緑黄色野菜といった食べ物に多く含まれているので、外食やコンビニ弁当であっても、取れるように工夫してみましょう。もちろん、ニキビ対策にも期待できます。

質のよい睡眠でストレスも撃退

動物は具合が悪いと寝て治すといいますが、人間も同じで、食べるより寝る方が肌をよみがえらせると言われています。

つまり、寝ている間に肌は修復され、ターンオーバーが整っていくのです。睡眠不足はストレスの原因ともなり、イライラしたり太りやすくなったりと、身体に良いことはありませんので、特に眠りはじめの3時間にぐっすり眠れるよう、睡眠の質をあげるのが効果的です。ニキビの原因を睡眠からも改善していきましょう。

肌の内と外から根本ケアなら、メンズエステへ!

大人ニキビに悩んでいて、生活習慣の改善が難しいと感じているなら、ラ・パルレのメンズエステをおすすめします。その名も「メンズニキビ内外コース」では、文字通り身体の内側・外側両方からのアプローチでニキビケアをしていきます。

外側からは、超音波導入とイオン導入で高濃度ビタミンCを届け、肌に透明感を与えると同時にニキビのできにくい肌へ導きます。

内側からは、スイス生まれのバイオプトロンで凹凸のある肌をなめらかな状態へ。可視光線を当てることでターンオーバーを促して内側から肌の生まれ変わりをサポートします。

また、お腹トリートメントで腸の動きを整え、男性には難しい食事のアドバイスも管理栄養士から受けることができます。

セルフケアではやりかたが難しいので、大人ニキビでお悩みなら、メンズエステの先駆けであるラ・パルレへお任せください。

まとめ ニキビケアに大切なこと

ニキビ肌にも保湿が必要で、保湿にはやりかたがとても重要だということがわかりました。また、使う保湿剤も重要で、きちんと保湿成分が入ったものを選ぶことが大切です。

市販の男性用化粧品でも、セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分の配合された化粧品を選び、口コミやランキングだけで選ばないようにしましょう。女性用の化粧品より、メンズのものをおすすめします。

ただしい保湿のやりかたを覚えて、ニキビの予防と根本的な対処を行っていきましょう。

目次へ