毛穴の汚れがニキビの原因!詰まりと黒ずみをケアするには?

ニキビのできるメカニズムをご存知ですか?毛穴ケアはニキビケアの重要なポイントでもあります。正しい毛穴ケアをして、気になる詰まりと黒ずみをクリアにしましょう。正しい洗顔とクレンジングがポイントです。


この記事は約6分で読み終わります。

毛穴つまりとニキビの対策

毛穴が詰まることとニキビはどのような関係があるのでしょうか?ニキビの原因となる毛穴のつまりをしっかり対策していきましょう。

 ニキビができる過程

ニキビは皮脂が毛穴に詰まり、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすことでできてしまいます。

つまり、毛穴がつまらないようにすることで、ニキビ予防もできるという訳です。

とはいえ、皮脂は体の内側から出る天然の保湿クリームですから、皮脂を取り過ぎてしまうと、皮膚は肌を守ろうとして、過剰に皮脂を分泌するようになります。

そうなると、さらにニキビと毛穴詰まりの原因となる皮脂が増えてしまうことに。悪循環に陥らないよう、適切なスキンケアが大切になります。

毛穴汚れをどう防ぐ?毛穴のタイプ3種類

毛穴は「穴」ですから、黒く見えるのは当たり前です。毛穴が黒ずんでいるからといって、毛穴詰まりを起こしているとは限りません。

毛穴を消したいと思う前に、その毛穴の黒ずみが本当に皮脂汚れなのかどうかを確認する必要があります。自分の毛穴汚れがどのタイプなのかチェックしてみましょう。

①毛穴に白っぽい詰まりがありザラつく毛穴

  • □Tゾーンや顎がザラザラする
  • □鼻の毛穴は白いものが詰まって見える
  • □洗顔に石けんを使わない

開いた毛穴に皮脂と剥がれ落ちるべき角質が混ざったものが詰まっている状態です。このまま放置すると毛穴がさらに開き、ニキビができやすくなってしまいます。

毎日のスキンケアで皮脂や汚れをきちんと落とすことが大切です。

②角栓による黒いブツブツ、黒ずみ毛穴

  • □鼻の頭、小鼻の毛穴が目立つ
  • □オイリー肌
  • □毛穴が黒いブツブツに見える

これらにチェックが入った人は、皮脂が多いことによって毛穴に角栓が詰まり、さらに角栓が酸化して黒く見えるものです。角栓は毛穴にフタをしてしまった状態なので、アクネ菌が増殖しやすく黒ニキビの原因となります。

正しい毛穴のスキンケアは?洗顔とクレンジングがポイント

毛穴のケアはニキビ予防にも繋がることがわかりました。しかしながら、詰まった角栓を無理やり手で押し出したりしては、肌を傷めてしまいます。毎日のスキンケアで正しく毛穴のお手入れをしましょう。

洗顔で毛穴をきれいに保とう

朝の洗顔に石けんや洗顔フォームを使わないという男性は多いようです。夜の洗顔後、そんなに汚れていないと思うかもしれませんが、寝ている間にも皮脂や汗は出ています。

皮脂は水だけでは落ちないため、朝の洗顔で石けんを使わないと、しっかりと汚れが落ちず、落としきれなかった皮脂汚れは毛穴に詰まってニキビの原因になるのです。

朝も石けんを使って洗顔をしましょう。正しい洗顔の方法は、こちらで詳しく説明しています。

毛穴クレンジングは有効?オイルでスペシャルケア

メイクをしない男性は、クレンジングを使うことはほとんどないでしょうが、毛穴ケアにはクレンジングが有効です。

毛穴が目立ってきた、肌がザラつく、という時のスペシャルケアとして使ってみましょう。ただし、クレンジングオイルは刺激が強く、皮脂を落としすぎるので、毎日のケアは不必要です。週に1度程度のスペシャルケアとして行いましょう。

毛穴クレンジングの方法

市販の女性用メイククレンジングの「オイルタイプ」を使いましょう。ポンプタイプになっているので、適量を手のひらに取り、少し手のひらの上で温めるようにしてからTゾーン、鼻、顎だけに付けます。

ゴシゴシこすらず、たっぷりのオイルでなでるようにくるくるとなじませます。

30℃程度のぬるま湯をほんの少しつけ、オイルを付けた部分になじませます。白く濁ってきますが、これは「乳化」といって、汚れを落とすために重要なポイントです。

ぬるま湯と十分になじんだら、20回以上を目安によく洗い流します。

クレンジング後は、すぐに保湿クリームなどを塗って皮膚を保護してください。クレンジングは毎日行うと皮脂の取りすぎになってしまうため、週1度程度の回数を守りましょう。

鼻や小鼻のブツブツは、黒ニキビだった!ケアの方法は?

鼻や小鼻にできやすい黒いブツブツの正体は、黒ニキビと呼ばれるニキビです。黒ニキビを放置すると炎症を起こして赤いニキビへと悪化してしまいますので、この段階でケアしましょう。

黒ニキビとは?

ニキビの段階は色で表されます。初期の方から「白」「黒」「赤」「黄」と進行していきますが、黒ニキビは比較的初期段階。

しかし、放置することで赤ニキビ、黄ニキビへと進行してニキビ跡などの原因になってしまいますから、黒ニキビを放っておかず、洗顔やクレンジングでケアしてください。

白ニキビは毛穴に皮脂が詰まって白く見えるものですが、これが酸化すると黒ずんで黒ニキビになります。

黒ニキビのNGケアは?

毛穴に詰まった角栓は、指で押し出すとニュルっと出てきますが、これは毛穴と毛穴周囲を傷つけてしまうのでNGです。同様に、毛穴パックも刺激が強く、皮膚まで剥がしてしまうのでおすすめできません。

また、洗顔やクレンジングのしすぎで皮脂を取り過ぎることもよくありません。皮脂は肌を守るために必要なので、取り除けばどんどん皮脂を分泌しようとします。洗顔は、必要な皮脂は残し、汚れと古い角質を落とすだけにしましょう。

洗顔後すぐに保湿をしないと、肌の乾燥をまねいて角層が厚くなってしまいます。角層が厚くなれば角栓が毛穴に詰まりやすくなるので、保湿剤でしっかり乾燥を防いでください。

黒ニキビのケアはメンズエステへ

黒ニキビは気になるけれど、食事や生活習慣の改善までは自分で難しいと思っている方は、ラ・パルレのメンズエステをおすすめします。

メンズエステの先駆者として男性のニキビをケアしてきました。男性の方が通いやすく配慮していますので、お気軽にご相談ください。

スイス発のバイオプトロンは、可視光線を肌に当てて肌のターンオーバーを促し、古い角質をためないようにします。開いた毛穴が気になる際にもおすすめです。

また、お腹トリートメントで腹部をやさしく刺激し、腸に溜まった老廃物にアプローチ。内側からしっかりケアしてニキビのトラブルを少なくしていきます。

超音波導入+イオン導入では、高濃度ビタミンCを浸透させ、外側からお肌に直接アプローチしていきます。今あるニキビが気になる方にも喜んでいただけます。

セルフケアの難しい食事面は、管理栄養士がアドバイス。体の内側からも外側からもきちんとケアして、ニキビを根本からケアしてニキビのできにくいきれいな肌を手に入れましょう。

まとめ 皮脂をためず詰まらせないために

毛穴が汚れることは、ニキビができることに繋がります。毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖して炎症が起きた状態が、ニキビだからです。

毛穴に皮脂を詰まらせないためには、皮脂汚れを溜めないことが大切ですが、皮脂は取り過ぎてもニキビの原因になってしまいます。

つまり、皮脂や古い角質はきれいに落とし、取りすぎないことがポイントになります。

そのためには、朝晩の洗顔やスペシャルケアとしての毛穴クレンジングで、毛穴のケアを適切に行いましょう。

繰り返す大人ニキビを根本からケアしたいなら、ラ・パルレのメンズエステにご相談ください。

 

 

 

目次へ