春のニキビ対策は、多角的に行う!インナードライにも注意が必要

寒い冬が終わりを告げ、晴れやかな気分の春ですが、体調だけでなく肌の調子も崩しやすい季節でもあります。春に特有のニキビの原因とはなんでしょうか?ニキビケアと注意すべきインナードライについてもご紹介します。


この記事は約8分で読み終わります。

この記事はメンズ専用ニキビコースを提供する
エステサロンのラ・パルレが書いています

コース詳細はこちら

春ニキビの原因は?

暖かくなり、桜が咲き、心もうきうきしがちな春ですが、花粉症の季節でもあり体調を崩す人が少なくないのも春です。ニキビもできやすい季節なので、その原因を探ってみましょう。

春ニキビの原因①【気温の乱高下】

春は気温が上昇してきますが、「三寒四温」とも言うように、暖かい日が続いたかと思うと急に冬に戻ったように寒くなったりと、気温の乱高下があります。

気温差が大きいと、体温を一定に保とうとするため自律神経がフル活動して疲労し、肌の皮脂分泌量が不安定になってしまうのです。

皮脂が増えればニキビの原因となるので、気温差の激しい春には繰り返すニキビができやすくなるのです。

春ニキビの原因②【紫外線量の増加】

冬の間に肌はターンオーバーによって夏のダメージを脱ぎ去り、一年間で一番白い肌をしています。

しかし春になって紫外線量が増えてくると、白い肌のために紫外線から守り切れずにダメージを受けやすくなってしまいます。

春はまだ紫外線が弱いからと、紫外線対策を怠ってしまうと夏より大きなダメージを受けてしまうことも。

紫外線を浴びて角質は厚くなり、毛穴が塞がってニキビもできやすくなってしまいます。

また、肌の水分が蒸発して乾燥するので、バリア機能も低下してさらにニキビができる環境になります。

春ニキビの原因③【花粉・大気汚染】

2月頃から5月頃まで飛散するスギ花粉をはじめ、黄砂やPM2.5といった大気汚染によるアレルギーが多いのも春です。花粉症とニキビは関係ないようですが、実は大きな影響があるのです。

肌に花粉やアレルギー物質が付着することで、肌は敏感になりやすく、バリア機能が低下しているとかゆみや赤みが出たり、ニキビなど吹き出物が出たりするのです。

花粉症でなくても、肌が敏感になり肌荒れすることはありますので、春にだけニキビが改善しないと悩んでいる人は、一度何かのアレルギーを疑ってみるといいでしょう。

春ニキビの原因④【ライフスタイルの変化】

春は出会いと別れの季節でもありますが、転勤や異動、新入社員が入るなど生活環境が大きく変化することがあります。

自覚はなくても、このライフスタイルの変化でかなりストレスを受けたり、疲れたりして、自律神経のバランスが乱れてしまうのです。

自律神経とは、昼間活発になる「交感神経」と、夜やリラックス時に活発になる「副交感神経」が交互に作用することで成り立っています。

このバランスが乱れると、よく眠れなかったり、胃腸の調子が悪くなったり、全身の状態に悪い影響を与えてしまいます。

身体の内側の不調は、肌のバリア機能を低下させ、ターンオーバーを乱してニキビができやすくなってしまうのです。

春ニキビの対策は?

春ニキビの原因がわかったところで、セルフケアをしていきましょう。大人ニキビはできてしまってから治すより予防が肝心です。季節によってニキビ対策は違うので、春には春のケアが必要です。

春ニキビの対策①【保湿】

ニキビ対策に一年中必要な保湿ですが、春ニキビは特に気温の差が激しいため、より小まめなスキンケアの切り替えが必要です。

暖かいからといってすぐに保湿クリームをさっぱりタイプに変えたりすると、肌の奥が乾いてしまい、逆に皮脂が過剰に分泌され、毛穴に詰まってニキビができてしまいます。

春になったからと安心せずに、保湿は十分に行ってください。特に、洗顔後、ヒゲ剃り後はすぐに保湿クリームをつけましょう。

春ニキビの対策②【紫外線対策】

春の紫外線を甘く見てはいけません。男性は少々日焼けしても気にしないでしょうが、紫外線が肌やニキビに与えるダメージを考えると、日焼け止めは一年中つけることをおすすめします。ニキビがある時に紫外線を浴びると、炎症が悪化することさえあります。

春はアレルギーによって敏感肌に傾きやすいため、成分は敏感肌用などやさしいものを使うといいでしょう。SPF値は大きすぎると肌への刺激が強くなりますので、30程度あれば十分です。

春ニキビの対策③【アレルギー対策】

目に見えなくても、花粉や黄砂といったアレルギー源は皮膚や髪に付着しています。

春は特にその量が多いので、花粉症ではない人でも肌荒れやニキビに悩まされることがあるのです。

対策としては、帰宅後すぐに洗顔することです。できれば一緒にシャンプーもできるとベター。

ただし、ごしごし強く洗わず、30度のぬるま湯でしっかり石鹸の泡を立て、やさしくなでるように洗いましょう。

洗顔、シャンプーともにすすぎは十分すぎるほど十分にしてください。

外出時にマスクや帽子をするのも、アレルゲンの影響を最小限にするよい方法です。

春ニキビの対策④【ストレス対策】

春はライフスタイルが変化することによって、わくわくすることも多いのですが、実はそれさえも心身にとってはストレスの場合があるものです。

社会人にとって環境の変化は仕方のないことですが、ニキビ対策には以下の2つの方法をおすすめします。

・軽い運動をする

ウォーキングやストレッチといった、軽い有酸素運動で汗ばむ程度動くことで、心身ともにスッキリできます。

全身の筋肉を刺激することで血行が促され、代謝がよくなることで肌の調子もよくなり、ニキビ対策にもなります。

・ゆっくり入浴する

気温が上がってくるとシャワーで済ませる人も多くなりますが、バスタブにお湯を張って、ゆっくり入浴しましょう。

ストレスによって乱れて自律神経が整い、質のよい睡眠がとれるようになります。肌の新陳代謝も促してくれるので、ニキビにもよい習慣です。

インナードライが原因かも?

春にニキビができやすいのは、インナードライと呼ばれる肌の状態のせいかもしれません。インナードライとはどんなものか、その対策をご紹介します。

インナードライ肌とは?

インナードライとは、肌の内側が乾燥している状態のことです。

肌の内側が乾燥していると、それを潤そうとして皮脂が過剰に分泌します。そしてニキビができやすくなります。

肌は脂っぽいのに内側は乾燥しているのがインナードライの困ったところ。

皮脂が多いせいでオイリー肌と思い込み、自分の肌の乾燥に気付かず、皮脂を取るために洗顔をたくさんしたり、洗浄力の強い洗顔料で洗ったりして、余計に乾燥を進行させているのです。

乾燥が進めば、さらに皮脂は過剰に分泌され、ますますニキビ肌になってしまいます。春は特にインナードライに気をつけてください。

インナードライの見分け方

それでは、オイリー肌かインナードライ肌か、どうやって見分ければよいのでしょうか?

見分けるには、洗顔後何もつけない状態で30分放置した肌で判断します。

洗顔後30分くらい経つと、Tゾーンがテカってくるようならオイリー肌です。ちなみに、オイリー肌とは、油分も水分も多い肌なので乾燥はしていません。

一方、洗顔後なにもつけないと、最初つっぱる感じがしたり、カサカサしたりしていたのに、30分後にはテカってくるというのがインナードライ肌です。

インナードライ肌の対策

まずは、洗顔のしすぎや洗浄力の強い洗顔料の使用をやめましょう。洗顔は1日2回、石けんタイプを使うのがおすすめです。

そして、洗顔後や入浴後すぐに保湿剤を塗ることが大切です。特にインナードライ肌であれば、「セラミド」や「ヒアルロン酸」が配合された保湿クリームがいいでしょう。

そして、内側から保湿するにはやはり食べ物に気をつけてください。

インナードライ肌におすすめなのは、新陳代謝を良くしてくれるビタミンB2、皮膚や粘膜を健康に保つビタミンB6、血流のめぐりを促すビタミンEが含まれた食材です。

これらが多く含まれる食材は以下の通りです。積極的に食事に取り入れてください。

  • ビタミンB2…たらこ、卵、大豆製品、乳製品、レバーなど
  • ビタミンB6…豚肉、さんま、まぐろの赤身、バナナなど
  • ビタミンE…アーモンド、ビーナッツ、ゴマ、アボカドなど

インナードライ肌はメンズエステへ

インナードライ肌は、自分での判断が難しく、オイリー肌と勘違いして間違ったケアをしている人も多いのです。

ニキビを繰り返してしまう、オイリー肌のケアをしているのにニキビが治らないという人は、ラ・パルレのメンズエステにご相談ください。

バイオプトロンでターンオーバーを促し、肌が奥から潤うように導き、イオン導入やビタミンC誘導体で肌を整えていきます。

お腹トリートメントでは胃腸の活動を整えて、ニキビとインナードライを根本からケアしていきます。

男性が一番難しい食事の指導も管理栄養士から受けられます。

まとめ

春のニキビは、気温、紫外線、アレルギー、生活環境の変化といったものが大きな原因でした。

暖かくなったことで、インナードライ肌にも気付きにくいため、ニキビはさらに悪化することになってしまいます。

毎年春になるとニキビができやすいという人は、春特有のニキビ原因と照らし合わせてみましょう。

原因がどれか一つという訳ではないため、一筋縄ではいかない大人のニキビですが、春には春の対策で、しっかりケアしていきましょう。

目次へ