夏のニキビは跡になりやすい?間違ったケアで悪化しないために

さんさんと降り注ぐ太陽、夏が大好きだという人も多いことでしょう。ただし、ニキビや吹き出物にとって夏は悪化しやすくニキビ跡になりやすい季節でもあります。うっかり日焼けやついつい乾燥して肌荒れを起こさないよう、正しいケアが必要です。


この記事は約7分で読み終わります。

夏のニキビの原因

夏は開放的になって、スキンケアを怠りがちです。女性と違い、紫外線対策をあまりやらない男性は、ニキビができやすいばかりか、ニキビが悪化したりニキビ跡になったりしやすい時期なのです。

夏ニキビの原因①【紫外線】

夏の紫外線量は、冬の5倍とも言われています。3月頃から増え始めた紫外線は、7〜8月にピークを迎え、肌荒れやニキビなどに多大な影響を与えるのです。

紫外線にはUVA波とUVB波があり、特にUVA波は肌の奥の真皮まで到達するため、肌の老化ばかりかシミなどの原因にもなってしまいます。

UVB波は日焼けを起こす紫外線なので、大人ニキビがある時に紫外線を浴びると、余計にシミとなってニキビ跡になりやすいのです。

健康な肌でも紫外線を浴びることでターンオーバーが乱れ、角質が厚くなるためにニキビができやすくなってしまいます。

夏ニキビの原因②【皮脂と汗】

夏は汗をかくので、ベタついて肌が脂っぽくなります。皮脂量も増えるため毛穴に皮脂が詰まりやすく、ニキビができやすくなります。

また、汗をかいてそのままにしておくと、皮脂と混ざって雑菌が繁殖し、雑菌が刺激してアクネ菌も増えてしまいます。

夏の皮脂や汗は、放置しないで正しく対策をしましょう。

夏ニキビの原因③【洗いすぎ】

夏は汗もかくし皮脂の分泌量も多いので、肌がベタつきます。ニキビによくないから、清潔にしようとするのはいいのですが、かといって洗いすぎもニキビの原因となってしまいます。

洗顔の回数が多くなると、確かに皮脂は取れるのですが、取りすぎてしまうと皮脂は肌を潤そうとしてさらに過剰に分泌されてしまうのです。

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に詰まってアクネ菌が繁殖し、ニキビの原因となります。

洗顔は朝夕2回にとどめ、汗や皮脂は別の対策をとりましょう。

夏ニキビの原因④【エアコン】

猛暑が続く昨今の夏ですが、外は高温多湿、室内はエアコンで低温低湿度になっています。長い時間エアコンの入った室内にいると、汗や皮脂で脂っぽかった肌も乾燥し、ベタついているのに内側が乾いているという「隠れ乾燥」を起こしてしまうのです。

エアコンによって肌が乾燥していることを忘れないようにしてください。

夏のニキビ対策

夏ニキビの原因がわかったところで、ニキビケアの方法をご紹介しましょう。ニキビを繰り返さないためにも、しっかりとしたケアが必要です。

UVケア

女性は紫外線が大敵としてケアしている人が多いのですが、男性は紫外線に無頓着で肌が焼けることを気にしない人が多いです。

紫外線を浴びると活性酸素が発生し、肌の老化が進行します。シミやシワの原因になるばかりか、肌のバリア機能を低下させてニキビの原因にもなります。

毎日日焼け止めクリームを塗り、日中10時〜14時の間に外出する場合は、帽子を被るなどして直接日光を浴びないように気をつけましょう。

日焼け止めの選び方については詳しく後述します。

皮脂と汗のケア

夏にはつきものの皮脂と汗ですが、皮脂は洗顔やあぶらとり紙などで取りすぎると、余計に分泌されるのでNGです。

汗は放置するとべたつくばかりか、雑菌を繁殖させてしまい、大人ニキビの原因菌を増やしてしまうので、汗をかいたらウェットティッシュなど少し水を含んだもので、抑えるようにして拭き取りましょう。

ゴシゴシこすったり、乾いたタオルで強く拭くと、肌を刺激してニキビに悪影響ですので注意しましょう。

乾燥

男性は、夏にエアコンをガンガン効かせてしまう人が多いようです。熱を発しやすい男性は、エコ設定の28度では物足りないでしょうが、設定温度はそれより下げないようにしましょう。

乾燥予防にと、肌に直接化粧水などをスプレーすると、水分が蒸発する時に肌の水分まで一緒に蒸発してしまうので、こまめに保湿クリームを塗り直します。セラミドやヒアルロン酸、を含むものがおすすめです。

また、肌の乾燥対策は食事内容によるところも大きいので、食生活を振り返って改善してみてください。

ニキビと肌の乾燥におすすめの栄養素はビタミンA、C、E、B群とタンパク質です。

夏を乗り切るためにも和食を心がけ、バランスよく食べましょう。

メンズエステ

夏のニキビをケアしているつもりなのに、繰り返しニキビができてしまったり、ニキビが悪化してニキビ跡になったりした場合は、ラ・パルレのメンズエステにご相談ください。

早くからメンズエステに取り組み、男性のニキビの悩みに向き合ってきたラ・パルレでは、男性が安心して通える環境をご用意しております。

バイオプトロンは、肌に可視光線を当てることでターンオーバーを促し、ニキビを肌の内側から根本的にケアします。

さらにイオン導入やビタミンC誘導体で肌を磨き、お腹トリートメントで胃腸の働きを促していきます。

自分ではコントロールが難しい食事内容も、管理栄養士にアドバイスしてもらえるので、あらゆる面からニキビのできにくい肌へとケアしていきます。

日焼け止めの選び方

紫外線がニキビに悪いことはわかっても、どんな日焼け止めを選べばいいのかわからないことと思います。紫外線から肌を守るための知識と、日焼け止めの選び方をご紹介します。

SPFとPA

紫外線にはUVA、UVB、UVCの3種類があります。このうちUVC波はオゾン層で吸収され、地表には届きません。

ニキビに影響があるのは、UVA波とUVB波です。

UVA波は波長が長く、肌の深部まで届いてシミやシワの原因となります。曇りの日や窓ガラスも通り抜けるので、一年中対策をした方がいい紫外線です。

UVA波を防ぐ指標が「PA」で表されるもので、「PA++」や「PA++++」と表記されています。+は4段階あり、+の数が多いほど予防効果が高くなります。

一方、UVB波はサンバーンという肌を赤く日焼けさせる紫外線です。日焼けして肌が黒くなるのは、紫外線から肌を守ろうとしているから。

つまり、肌を守るために肌はメラニン色素を作り出しているのです。重度になると火傷と同じダメージになるため、シミやくすみとなって肌に残りやすくなります。ニキビがあればシミのようなニキビ跡となって残りやすいのはこのためです。

UVB波を防ぐ指標はSPFで表され、最高値が50です。

ただし、SPFが高すぎると肌に刺激になるため、一日中外で過ごす以外なら、SPF30程度で十分です。

肌にやさしい成分

敏感肌の人は日焼け止めも刺激に感じてしまうことがあります。

日焼け止めに入っている成分で注意していただきたいのは、「紫外線吸収剤」です。

これは様々な健康被害の可能性が指摘されていて、ニキビにも悪い影響を与えかねません。特にSPF値の高いものに使われていることが多いので、成分表はよく確認しましょう。

塗り方

SPFとPAの値は、2mg/1㎠で日焼け止めを塗った時のもの。これを実際にやってみると、かなり多い量の日焼け止めを肌に塗らなければなりません。

日焼け止めはケチらず、たっぷりの分量をムラにならないように肌に塗りましょう。

また、夏は汗で日焼け止めも落ちやすいため、3〜4時間おきに塗り直すことも忘れずに。

まとめ

夏のニキビは、汗や皮脂、紫外線を正しくケアすることで対策ができることがわかってきました。

気にする人の少ない紫外線ですが、夏になるとニキビが悪化したり、治りが悪くなったりするなら、紫外線によるものかもしれません。

しっかり紫外線対策をして、睡眠、食事、ストレス解消、スキンケアを見直してみてください。

セルフケアが難しい方は、メンズエステの先駆けでもあるラ・パルレの「メンズニキビ内外コース」をおすすめします。まずはお気軽にご相談ください。

 

目次へ