ニキビ跡が茶色になっている!男性はシミになる前に改善しよう

しつこいニキビがやっと治ったと思ったら、ニキビ跡が茶色になっている!そんなことはありませんか?自然と治るのかと思って放っておいたら、逆に目立ってきたという人もいて、どうしたものかと悩んでいる人は少なくないようです。そこで今回は、茶色のニキビ跡で悩んでいる人のために、この茶色のニキビ跡の原因と予防・改善方法について説明します!


この記事は約7分で読み終わります。

この記事はメンズ専用ニキビコースを提供する
エステサロンのラ・パルレが書いています

コース詳細はこちら

ニキビ跡が茶色になる原因

ニキビ跡が茶色になるという場合、どんな原因が考えられるのでしょうか。男性だからこそ起こり得る原因をみていきましょう。

茶色に色素沈着する原因はメラニン色素

ニキビ跡が茶色に色素沈着するのは、メラニン色素が原因です。ニキビが炎症を起こすと、肌の細胞を守ろうとして大量のメラニンがつくられます。通常、つくられたメラニンは肌のターンオーバーによって排出されますが、ニキビの炎症によって肌のターンオーバーが正常に行われないと、メラニンがそのまま残ってしまいます。肌に残ってしまったメラニンは、茶色に色素沈着してしまうのです。

ニキビの炎症中に紫外線を浴びることも、メラノサイトを活性化させ、メラニンを大量につくらせる原因となります。大量につくられたメラニンは、排出されずに肌に定着してしまい、茶色の色素沈着を起こします。また、紫外線を浴びることでこれまでは色の変化が見られなかったニキビ跡も、茶色くなることがありますので気をつけましょう。

とくに営業で外回りが多い人は、紫外線を浴びやすいので注意が必要です。また、仕事は室内で会ったとしても、趣味で海や山などのアウトドアでのレジャーを楽しむことが多い人も、茶色の色素沈着が起きやすくなります。

男性はニキビ跡に気づきにくい

いつもメイクをする女性と違って、男性は日々の仕事が忙しいとニキビ跡に気づかずに済ませてしまいがちです。ニキビ跡に気づいてすぐにケアすれば、茶色になる前にニキビ跡をキレイに消すことができるものですが、茶色の色素沈着が悪化して初めて気づいたという場合は、手遅れであることがほとんどです。「どうにかしないと」とシミ消しクリームなどを塗ってみたものの、思うような効果が得られないということは少なくないのではないでしょうか。

ニキビ跡が茶色の色素沈着を起こすのは、食事とも関係があります。メラニンが大量につくられても、肌のターンオーバーによってつくられたメラニンがすべて排出されれば、色素沈着を起こすことはありません。

しかし、食生活が乱れていると、肌のターンオーバーに必要なビタミンなどの栄養分が不足するために、肌のターンオーバーが低下してしまいます。正常な肌のターンオーバーを促すためには、ビタミンAや抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEといった成分が必要です。タンパク質の生成を促すビタミンB6も欠かせません。

独り暮らしの男性は、自炊せずに外食やインスタント食品に頼る傾向があるので、そのために肌のターンオーバーが低下し、ニキビ跡が残る可能性が高くなります。

ニキビ跡が茶色ではなく、赤く残ることもあります。この赤みの正体は、毛細血管の炎症によるものです。炎症が鎮まれば、赤みは自然と消えます。

目次へ

ニキビ跡の色を自力で抑える方法

気になるニキビ跡をどうにかしたいという場合、どうすれば良いのでしょうか。忙しい男性でも手軽にできる対処方法をご紹介します。

市薬品を使う

「皮膚科に通う時間が取れない」「病院に通うのは面倒」という人は、市販薬を使って対処することができます。

赤みのあるニキビ跡は、ビタミンBやビタミンEが配合されたクリームを塗ると、肌のターンオーバーを促すことができます。自然と赤みが消えるのを待つよりも、早く赤みを解消することができますし、ニキビ跡が悪化して茶色に色素沈着するのを防ぐのにも役立ちます。

茶色に色素沈着したニキビ跡の場合は、ビタミンC導入のクリームがおすすめです。ビタミンCは、メラニン色素の生成を抑制するほか、つくられたメラニンを還元する作用があることで知られています。通常のビタミンCは、肌に浸透しにくく不安定という難点がありますが、ビタミンC誘導体はビタミンCの難点をクリアして安定性と浸透力を高めています。

なので、ビタミンC誘導体が配合されたクリームやローションを使用すれば、茶色のニキビ跡にも効果的に働きかけることができます。

市販の塗り薬やクリームを使用することに加えて、徹底的に日焼け対策をすることも大切です。日焼けすると、メラノサイトが活性化してメラニン色素が大量につくられてしまうので、ニキビ跡が茶色に色素沈着するリスクが高くなります。ニキビ跡を抑えるためには、日焼け止めを塗るなどして日焼け対策も行なうようにしてください。

食生活で体質改善させる

食生活に気をつけて、肌のターンオーバーによるメラニンの排出、還元を目指すことも、ニキビ跡の予防・対策に役立ちます。

ニキビ跡の予防・改善のために摂りたい栄養素として、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEがあります。メラニンの生成を抑制するとともにメラニンの還元を促すので、茶色のシミや色素沈着の予防になります。

また、肌のターンオーバーを促すのに欠かせないビタミンAやビタミンB2、B6といった栄養素も摂るようにしましょう。

男性は仕事や日々の忙しさから、肌のためにいい食事を取るのが難しいと感じる人が少なくないものです。しかし、毎日の食事が今後の肌をつくるので、少しでも意識してニキビ跡を予防・改善するような食事を取るようにしてください。

ビタミンA、E、Cなど豊富なビタミンが含まれているアボカドと

抗酸化作用が期待できるリコピンやβカロテンを含むトマトを使った男性でも簡単につくれる肌に良いレシピをご紹介します。

<アボカドとミニトマトのサラダ>

【材料】アボカド1個、ミニトマト4個、好みのドレッシング適量

【つくり方】

アボカドは包丁で縦半分にくるりと切り込みをいれ、両手でねじるようにして開く。種を取り除いて、5mmくらいの薄さに切る。ミニトマトは半分に切る。切ったアボカドとミニトマトを並べて、好みのドレッシングをかけていただく。

目次へ

医療やエステでニキビ跡にアプローチ

茶色のニキビ跡のケアは、セルフでもできることがあるとはいえ、「面倒くさい」「効果がなかなか実感できない」という声があるのも事実。本格的なケアを目指すなら、プロの手に任せるのが一番です!

医療機関を利用する

ニキビ跡の茶色の色素沈着を治すために、医療機関でのレーザー治療を受ける人もいます。レーザー治療はニキビ跡の部分にレーザーを照射することで、肌のターンオーバーを促し、ニキビ跡を薄くしていく治療法です。

肌の表面に作用するので、一度ではなく何度も通うことで、徐々にニキビ跡を薄くしていきます。できたニキビ跡をケアするだけなので、これからできるニキビ跡の予防はできません。

医療機関でのレーザー治療のデメリットとしては、レーザーの種類によっては施術後しばらく日常生活が送りにくくなるダウンタイムという期間があるという点が挙げられます。人によってはめちゃくちゃ痛いと感じることもあり、施術を続けるのが難しいという状況もあるでしょう。

レーザー治療以外にもケミカルピーリングや、ビタミンC誘導体などのイオン導入をすすめられるなど、他の治療をすすめられることで治療費が高額になる恐れもあります。

エステ&食&代謝UPでニキビ跡にアプローチ

医療機関のほかに利用できるのが、エステです。ラ・パルレでは、ニキビの内側と外側からアプローチすることで、効率良く肌の悩みを解消するお手伝いをします。

「お腹トリートメント」では、腹部をやさしく刺激することで、老廃物の排出を促し、身体の内側からきれいを目指します。「スーパー活性コース」では、毛穴の汚れまでもきちんと取り除き、高周波オゾンと微弱電流の力で肌のターンオーバーを外側からサポートします。

管理栄養士による日々の食事の管理もしてもらえますから、食事に気をつけるのが苦手な男性にもおすすめです。

レーザー治療では、「痛い」「レーザーの種類によってはダウンタイムがある」といったデメリットがありますが、ラ・パルレで使用しているのはバイオプトロン。スイス生まれの可視光線で、肌にやさしく光を当てるので、痛みがなく、ダウンタイムもありません。

「茶色のニキビ跡がなかなか治らない」「何をやっても効果がなかった」という人は、ぜひラ・パルレのカウンセリングを受けてみてください。

男性のニキビケアに人気の「メンズニキビ内外コース」が通常なら初回価格12,960円のところ、今なら初回特別価格3,000円なので、まずは1度試してみるのもおすすめです。

ラ・パルレの初回特別価格での「メンズニキビ内外コース」の申し込みはこちらから

目次へ

まとめ

ニキビ跡が茶色になっていることに気づいたら、すぐに行動しましょう。ニキビ跡は放っておくと、シミになって取れにくくなります。セルフケアでも予防・改善に努めることができますが、プロの手に任せることで、より効率的に対策を講じることができますよ。

ラ・パルレではニキビに悩む男性のために、内側と外側からアプローチ。食事の管理もしてもらえるので、肌のために良い習慣をスタートしやすくなります。ニキビに悩んでいる人は、まずは行動してみましょう!

目次へ