口周りニキビの原因は何?ヒゲ剃りとホルモンバランスに注意!

口周りのニキビは、食事や喋る時にも気になります。ヒゲ剃りの時にも邪魔になってしまう口周りのニキビ、男性と女性では原因も違ってきます。できてから対処するより、原因を取り除きできにくい身体を目指しましょう。


この記事は約7分で読み終わります。

口周りにできるニキビの原因

口周りのニキビは、気になる上に繰り返しできやすいのが特徴。口周りは生活する上でもよく動かす場所ですので、口周りのニキビは避けたいところです。口周りにニキビができる原因について考えてみましょう。

口周りニキビの原因①【胃腸の疲れ】

胃腸の調子がよくない時に出やすいのが口周りのニキビです。ストレスや疲れ、食事や睡眠不足といったいろんな原因が絡み合って胃腸が疲れると、口周りにニキビができやすくなります。

口周りにニキビができただけで大袈裟なと思わず、口周りニキビは身体からのサインだと受け止めて、口周りニキビが繰り返す時は胃腸の調子を整えてあげましょう。

口周りニキビの原因②【ヒゲ剃り】

男性は口周りにヒゲがありますので、口周りに何らかの刺激があることになります。口周りにニキビができると、ヒゲを剃る時必ず当たりますので、肌と口周りニキビに刺激を与える原因になってしまっているのです。

とは言え、ヒゲを剃らない訳にはいきませんので、口周りにニキビがある時にはカミソリを使わず、電気シェーバーがおすすめです。

口周りにカミソリを使う場合には、シェービングローションをたっぷり使い、よく切れる刃で剃りましょう。

ヒゲ剃り後は必ず保湿クリームなどで口周りや顎、肌を保湿してください。

口周りニキビの原因③【洗顔】

口周りなどに大人ニキビや吹き出物ができやすい原因を、皮脂のせいだと思っていませんか?洗浄力の強い洗顔料やスクラブの入ったもので肌をゴシゴシと洗っていませんか?

ニキビの原因は、角質などで詰まった毛穴に皮脂が溜まり、アクネ菌などの常在菌が繁殖することです。
口周りニキビはニキビの初期段階である白ニキビができやすいですが、赤ニキビや黄ニキビになると、毛穴の外側まで炎症を起こした状態です。しかし、肌の皮脂を取り過ぎると余計に皮脂を分泌しようとしてニキビの環境を悪化させてしまいます。

また、洗顔後のすすぎが十分でない場合も口周りにニキビができやすい原因となります。洗顔後は30度程度のぬるま湯で30回を目安によくすすいでください。

口周りのニキビにはできるだけ直接手が当たらないようによく泡立て、すすぐ時も手にぬるま湯を溜め、その中に顔を付けるようなイメージで。

口周りニキビの原因④【ホルモンバランス】

男性はホルモンバランスが一定だと思いがちですが、口周りや唇に繰り返しニキビができるなら、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。

口周りニキビは複雑に絡み合う原因で起こっていると考えてください。

男性であっても、生活習慣の乱れやストレスといったことでホルモンバランスが乱れ、結果として口周りニキビとして現れていることを知っておきましょう。

口周りニキビの原因を見直そう!

口周りニキビの原因の多くは、生活習慣の乱れによる「ホルモンバランスの乱れ」です。では、ホルモンバランスはどう口周りニキビに関わっているのでしょうか?口周りニキビの原因となっている生活習慣を見直してみましょう。

口周りニキビ原因の見直し①【食生活】

口周りに繰り返しニキビができるという方は、食事の時間がバラバラではありませんか?また、ストレスから過食になっているかもしれません。
仕事などでいつも決まった時間に食事を摂るのが難しい場合でも、食事の内容なら見直すことができるかと思います。

口周りニキビの原因は、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)がうまくいかないことで古い角質が毛穴を塞ぐこと。食事から摂る栄養素は、このターンオーバーに大きく影響してしまうのです。

先にも述べたように、口周りのニキビは胃腸の調子やストレスも大きく関わっていますから、口周りのニキビが気になるなら、栄養バランスの良い和食中心の食事に切り替えてみてください。

特にビタミンACE(エース)と呼ばれるビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCをよく摂るように心がけると、口周りニキビに理想的な栄養素を摂ることができます。

口周りニキビ原因の見直し②【睡眠】

口周りニキビに悩んでいるなら、慢性的な睡眠不足ではありませんか?肌のターンオーバーは夜寝ている間に行われるので、口周りにニキビのできやすい肌になってしまいます。

また、睡眠不測が続くとホルモンバランスや自律神経を司る脳の視床下部が十分に機能しなくなり、皮脂を過剰に分泌したりして口周りニキビの原因となるのです。

睡眠は時間だけでなく、その質も口周りニキビに影響を与えます。大人ニキビだけでなく仕事の能率や免疫力の低下といった悪い影響の原因ともなりますので、良質の睡眠をしっかり取りましょう。

睡眠は、特に口周りニキビの最大の原因といっても過言ではないので、1日6時間以上、0時前には就寝することを心がけてください。

口周りニキビ原因の見直し③【運動】

口周りに大人ニキビができる原因は、運動不足によってももたらされます。運動不足になると、筋肉量が減少して基礎代謝が下がり、脂肪がつきやすくなってしまいます。

脂肪がつくとホルモンバランスや自律神経が乱れることにつながり、結果として口周りニキビの原因となってしまうのです。

毎朝ジョギングやウォーキングをする時間がない、ジムに行く暇がないという人でも、できるだけ歩く、階段を使う、1日数回ストレッチをするといったことで、口周りニキビの原因を減らすことができます。

口周りニキビ原因の見直し④【ヒゲ剃り】

口周りニキビとヒゲ剃りは、切っても切れない関係です。ひげは口周りに生えているので、剃る時は必ず口周りを刺激しますし、目には見えなくても口周りの肌を傷つけているのです。

口周りにニキビがなくても、ヒゲ剃りによって肌を刺激して口周りニキビの原因を作っているのです。口周りニキビがある場合には尚更注意が必要です。

蒸しタオルで口周りのヒゲを柔らかくしてから剃ると、より口周りへの刺激が少なくなります。

ヒゲ剃りで口周りに傷をつけると、傷から細菌が侵入して繁殖し、ニキビになることも。口周りのヒゲ剃りはケアをしっかりして、ヒゲ剃り後にはしっかり保湿してください。

根本ケアするには?

口周りニキビの原因は、生活習慣にあることがわかってきました。それでは、どうしたら口周りニキビを根本的にケアできるのでしょうか?もう口周りニキビに悩まされないよう、対策をしていきましょう。

口周りニキビの根本ケア①【スキンケア】

男性の場合、洗顔後は何もしない方も多いかと思います。しかしながら、口周りのニキビは乾燥によって引き起こされます。

ヒゲ剃りの後はもちろん、洗顔やシャワーの後にも、口周りや肌全体にローションと保湿クリームを付けてしっかり保湿してください。

特に口周りは食べる際に舐めたり、飲み物を飲む時に口周りを拭いたりして、動かす機会や物が触れる機会が多いもの。気をつけて保湿しないと、すぐに乾燥をまねいてしまいます。

口周りニキビを予防するためにも、乾燥に気をつけ、保湿クリームなどで保護しましょう。

男性用化粧品には、清涼感のあるアルコールなどの成分が入っている場合が多いですが、これも肌の乾燥をまねくので気をつけてください。

口周りニキビの根本ケア②【生活習慣を整える】

口周りニキビをなくし、予防するには、生活習慣を整えていくことが早道です。

早寝早起き、栄養バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動、ストレスを溜めないことを心がけることで、口周りニキビはかなり軽減されていくでしょう。

しかしそこは生活習慣ですから、口周りニキビのためとはいえ、急に変えるのは難しいもの。一度にすべて変えようとせず、できることから少しずつ取り組んでいきましょう。

口周りニキビの根本ケア③【プロの助けをかりる】

口周りニキビを根本的にケアしていくには、内側からと外側から、両方のアプローチが必要です。特に内側のケアは生活習慣に直結していますから、自分で見直していくには難しい部分もあるでしょう。口周りニキビをケアしたくてストレスを溜めるのは本末転倒です。

そこで、口周りだけでなく、大人ニキビケアのプロとして、ラ・パルレのメンズエステをおすすめします。

セルフケアでは難しい「バイオプトロン」の可視光線によるスキンケアと、「お腹トリートメント」での胃腸へのケア、そしてイオン導入やビタミンC誘導体といった施術で、口周りニキビに悩む方をキレイな口周りと肌へ導いていきます。

まとめ

口周りのニキビの原因は、生活習慣にあること、そして生活習慣やストレスがホルモンバランスや自律神経に大きな影響を与えることがわかりました。

口周りニキビには、できてしまってからケアするというより、できる前に予防する根本ケアをしていきましょう。

口周りニキビを繰り返さないために、自分の口周りニキビ原因をよく知り、生活習慣を見直すことが大切です。

目次へ