その肌荒れや赤みは大人ニキビかも!思春期と違うケアの仕方は?

赤みやかゆみのある肌荒れを繰り返していませんか?しかも、赤みは肌の同じ場所にできていませんか?その肌荒れ、大人ニキビかも!思春期ニキビとの違いとスキンケアの仕方をご紹介します。


この記事は約8分で読み終わります。

この記事はメンズ専用ニキビコースを提供する
エステサロンのラ・パルレが書いています

コース詳細はこちら

肌荒れの原因は大人ニキビ!

大人になってからおでこや頬、顎といった場所に繰り返し吹き出物や赤みのある肌荒れを起こしていませんか?肌は排出器官でもあるため、自律神経の乱れや内臓の環境、生活習慣などで乾燥や肌荒れが起こってしまうのです。赤みのある肌荒れなら、大人ニキビかもしれません。

大人ニキビとは?

大人ニキビとは、20歳を過ぎてからできる赤みのある肌荒れやニキビのことを指します。頬や顎、フェイスラインといった場所に炎症による赤みを伴ってブツブツとでき、繰り返し肌荒れが起こるのが特徴で、かゆみがあることもあります。赤いニキビの発生する原因はいろんなことが複合的に混ざって起こっていると考えられるのです。
肌荒れの原因がひとつだけではないため、肌のケアだけでなくライフスタイル全体を見直す必要があり、肌の外側からだけ乾燥予防などのスキンケアを行ってもなかなか肌荒れの根本的なケアとならないところが難しいのです。

思春期ニキビとの違い

肌にニキビができるのは、簡単に言えば毛穴が皮脂で塞がれるためですが、赤みを伴う肌荒れや大人ニキビと思春期にできるニキビの違いとは、その毛穴を詰まらせる原因です。
思春期の肌は成長ホルモンや性ホルモンの分泌が活発になるため、皮脂腺が刺激されて過剰に分泌される皮脂によって毛穴が詰まりやすくなります。だから思春期ニキビ用品には、洗顔やスキンケア用品、薬などに皮脂を取り除くためのものが多いのです。
しかし大人の赤みを伴う肌荒れの原因はターンオーバーの乱れで古い角質が毛穴を塞ぎ、肌にニキビができてしまうことです。
肌荒れに大きく関わるターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのサイクルなので、食生活や睡眠、ストレス、肌の乾燥といった生活そのものに大きく関わっており、肌荒れの原因が複雑にからみあっているという理由なのです。
赤みを伴う肌荒れや大人ニキビは、できてしまったニキビのケアを正しい洗顔などで見直しながら、内側からも肌荒れをケアしていく必要があります。

思春期ニキビは皮脂の多いおでこや鼻・小鼻といったTゾーン、頬などにできやすくなりますが、顔以外の部位にできることもあります。大人ニキビは顎や顔のラインといったUゾーンにブツブツと連なってできやすいのが特徴。赤みがある肌荒れに見えたり、かゆみを伴うこともあります。
肌荒れの原因は過剰な皮脂ではなく、古い角質によって毛穴を塞ぐことですから、ティーン肌用の皮脂を取るスキンケアをしても、余計に肌荒れや赤みを悪化させることになりかねません。

大人ニキビには、大人ニキビの肌ケアが必要になります。
肌荒れなのに間違った洗顔やスキンケアで、肌の乾燥を招き、かゆみを招いたりブツブツとニキビ跡になったりすることもあるので注意してください。
肌荒れのセルフケアが難しければ、プロの力を借りるとよりキレイに肌荒れやニキビのない肌に近づくことができます。

大人ニキビのできやすい場所と注意点

赤みのある肌荒れや大人ニキビはUゾーンにできやすいですが、おでこにできる場合もあります。その場合はヘアスタイルを見直してみましょう。髪が顔にかかっていたり、整髪剤が肌についたりすると、刺激によって肌荒れや赤みが起きやすくなります。
特に顎からこめかみに沿った顔のラインには繰り返し赤みのある大人ニキビができやすいです。男性の肌荒れはヒゲの生える場所とも一致しているため、ヒゲ剃りの際など傷つけないようにシェービングクリームなどで肌を保護して行いましょう。
顔で一番広い面積である頬に肌荒れが起こったら目立ってしまいますが、なるべく肌を触らず、赤みのある吹き出物はつぶさず、直射日光を避けて紫外線を浴びない、肌を乾燥させないように注意してください。
肌荒れでかゆみがある場合も、かゆみ止めの薬を塗る前に肌荒れの原因が何であるかよく確かめましょう。

赤みのある大人ニキビの原因チェック

複雑に絡む大人の肌荒れの原因を探るために、まずは以下の項目にあてはまるかチェックしてみましょう。肌荒れの原因別に見直しポイントを解説していきます。

大人ニキビ・肌荒れ原因チェック

1.生活の時間帯が不規則
2.睡眠時間が6時間以下 or 0時以降に就寝する
3.外食が多い
4.ほぼ毎日アルコールを摂る
5.ストレスが溜まっていると感じる
6.働き過ぎ
7.特にスキンケアはしない
8.肌が乾燥している

【1〜2に当てはまった人】睡眠不足

睡眠不足が肌に悪い、肌荒れを起こすことを知っている人は多いでしょう。仕事や生活スタイルで慢性的な睡眠不足は仕方ないのかもしれません。しかし、肌のターンオーバーは寝ている間に行われます。
肌荒れ対策の理想は夜22時には就寝し、6時間以上眠ることですが、遅くても0時までには寝るようにして、睡眠時間を6時間は確保するようにしてください。肌の乾燥も睡眠不足で解消されることが多いです。

【3〜4に当てはまった人】食生活の乱れ

食生活が乱れると、胃腸の調子が乱れ肌荒れを起こします。特に夜遅くにアルコールや油っこいものを食べて、すぐに眠ることを繰り返すと、寝ている間に食べたり飲んだりしたものが消化されず、肌の修復に手が回らないのです。その上にまた朝食や昼食を摂ることで胃腸は酷使され、疲れ切ってしまうのです。
これを慢性的に繰り返すと、胃腸はやがて疲弊し、正常に働かなくなってきてしまいます。老廃物が身体に溜まりやすくなり、肌のターンオーバーが乱れる原因となるのです。結果、肌荒れを起こして赤みのあるニキビに。
どうしても外食が多くなる場合は、夜は2時間ほどで消化できる野菜中心のものを選び、週に1〜2回は休肝日を作りましょう。

【5〜6に当てはまった人】ストレス

肌荒れとストレスが大きく関係していることもよく知られています。ストレスがない現代人はいないに等しいでしょうが、ストレスが皮膚の免疫力を低下させる原因であることはわかっています。また、ストレスによって肌の再生力も落ちてしまうため、肌荒れやニキビがよりできやすい状態になるのです。
ストレスは十分な睡眠が取れなかったり、暴飲暴食の原因になったりと、肌荒れの他の原因を誘発してしまうので、時には趣味に没頭したりゆっくり休んだりしてストレスを溜めないように気をつけましょう。

【7〜8に当てはまった人】間違ったスキンケア

毎日ヒゲを剃るのに、剃った後肌に何もつけない男性も多いようです。ヒゲ剃りは肌の表面を刺激するので、皮膚のバリア機能が破壊されやすくなり、ヒリヒリしたりします。肌荒れが気になる時は特に、肌あたりのよいよく切れるヒゲ剃りを使い、剃った後は保湿クリームなどで乾燥ケアを行ってください。
男性用化粧品には、アルコールなど清涼感のある成分が使われていることが多いのですが、それも肌荒れの原因かもしれません。ヒリヒリと刺激が強いと赤みや肌荒れ、肌の乾燥をまねきやすくなるため、保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸入りの肌クリームを使い水分補給することをおすすめします。

美しい肌へ導くラ・パルレのメンズ専用ニキビコース

肌荒れや赤みのあるニキビが気になって、皮膚科に行っているのに良くならないという場合もあります。繰り返す肌荒れや赤みは、大人ニキビの可能性があり、大人ニキビには生活習慣が大きく関わっているせいかもしれません。自分で生活習慣を変えるのは難しいという方は、メンズエステという選択肢もあります。

ラ・パルレの「メンズニキビ内外コース」

メンズエステの先駆者でもあるラ・パルレでは、赤みのある肌荒れに悩む男性が安心して通うことができるメンズ専用のニキビコースをご用意しています。その名の通り、肌荒れや赤みのあるニキビを外側からだけでなく、内側からもアプローチして肌の根本ケアをしていきます。
まずは、バイオプトロンというスイス生まれの機械を使い、肌のターンオーバーを促して古い角質が毛穴に詰まることを防ぎます。バイオプトロンは、光エネルギーを顔に当てる施術で、肌がほんのり温かく感じるもの。続けることで肌の生まれ変わりがスムーズになり、肌荒れを軽減し肌の赤みやニキビのできにくい肌へ導きます。
そして、内側ケアで大切なお腹トリートメントでは、実際に腹部をやさしくプッシュ。ニキビや肌荒れの原因ともなる老廃物を身体に溜めないようにケアしていきます。これによって肌の乾燥が保湿されると、ニキビ跡のブツブツもできにくくなり美肌を目指すことができます。

肌荒れのセルフケアで男性にとって一番難しいのは食事かもしれません。
メンズニキビ内外コースでは、管理栄養士による食事の指導も受けられますので、食生活を見直して内側から肌荒れにアプローチしたい方にもおすすめです。
まずは気軽にご相談ください。

肌荒れや赤みのまとめ

繰り返し起こる肌荒れや赤みを伴う吹き出物は、大人ニキビの可能性があることがわかりました。
大人ニキビは思春期のニキビと、できるメカニズムは同じでも原因が違うため、10代の頃と同じケアをしても良くならないのです。肌荒れの原因が乾燥であることは知られていても、ニキビの原因も肌の乾燥であることはあまり知られていないのです。
大人になってからの赤みを伴う肌荒れやニキビの原因は複雑なので、自分の原因を探り、より的確に根本ケアを行っていくことが何よりも大切です。

肌荒れ、赤みのセルフケアが難しいようなら、プロに相談することをおすすめします。
美肌づくりには内側からのケアが、あらゆる肌荒れ対策の一番の早道かもしれません。

目次へ